« 秋からずっと曇り空 | トップページ | 北富士演習場立ち入り »

2018年6月 2日 (土)

再び道志の森へ

ふもとっぱらと迷ったんですが、場内の雰囲気が気に入ってしまい再度道志の森に決定。金曜に有給を取って三国峠経由で行きますた。
一度平日キャンプを味わってしまうとなかなか戻れません。

P6010354
なんちゅー絶景でしょうか!

P6010361

道志の森キャンプ場に到着。ここ自宅から1時間ちょっとで着くやん最高やん。
人気キャンプ場も平日ならサイト選び放題です。そして何よりも静か。不幸な地雷のDQNキャンパー遭遇率も限りなくゼロ。

P6010358_2

P6010360

前回イベントの都合で閉鎖されていた最奥部も気になりましたが、結局中ほどの川岸に設営。
まぁね、別に人多くてもいいんですよ。賑やかな雰囲気もまたいいもんです。
ただキャンパーの多さに比例して迷惑な輩も増える。これは行ってみなきゃわからない賭けです。
前々回の本栖湖はGW中で人大杉状態でしたが、周囲はマナーの良いキャンパーばかりでおまけにお隣さんはフレンドリーという、非常に心地よく思い出に残るいいキャンプとなりましたし、本当に蓋を開けるまでどうなるかわからんのです。

P6010359
早速の昼飯はパスタ。

P6010362
晩飯はステーキww
また肉www


最近キャンプメシは専ら焼き肉系ばかりです。その理由とは…

・とにかく早い。手軽。肉と調味料と少しの野菜があればOK。
・ご飯がすすむ君。
・ビジュアル的に景気がいい。
・肉を焼いて食うのは本能。某アニメでマンモスの肉がうまそうに見えるのも本能。


つまり手の込んだ料理なんぞは家でやっとけっつーこと。
…とまでは言いませんが、軽二輪のバイクソロだと荷物が増えて大変なことになるのであります。まぁこれが一番大きい。

P6010364
川で冷やしたビールで景気づけ。飲めないので本当は280mlぐらいが分相応(笑)

P6010363
うっかりメスティンを忘れる失態!風情に欠けてちょっと悲しい。

P6010368
徐々に夜の帳が下り始める。

P6010374
ナラ材の薪を中火で長く楽しむ。

翌土曜日は一気に人が増えました。
朝から入場の車の騒音や、両隣で設営が始まったりの入れ替わりのプレッシャーで落ち着いて朝食も出来ないほど。
出発間際の頃ともなれば、さらなる入場者が設営場所を求めて車でさまよいまくるちょっとした阿鼻叫喚図に(笑)
まぁ超人気キャンプ場だからしゃーない。可能なら完全平日が理想ですね。あと地面が炭で黒くなるから直火禁止にしてほしいです。

最近のトレンドはテントならツールームかティピーかトンネルってとこですね。特にトンネルは着実に増えているように感じます。
ちょっと前までミニマムやロースタイルなどがキーワードでしたが、例えば二人連れなのにデカいテントってどうなの?って疑問に思います。大型テント+車でサイト占有率もかなり上がるし。
まぁ車の積載能力はなんでもアリになるので仕方ないっちゃー仕方ない。
あとはYouTuberの影響もあるのか焚き火調理も増加中。これも火加減やクッカーに付く煤が大変そうですね。
自分は合理主義者なのでいまのところこれらに手を出す気にはなれませんが…
その他道具に関してもいろいろ書きたいこともありますが、また今度にしときますね。

|

« 秋からずっと曇り空 | トップページ | 北富士演習場立ち入り »

随想・チラシの裏」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/66787686

この記事へのトラックバック一覧です: 再び道志の森へ:

« 秋からずっと曇り空 | トップページ | 北富士演習場立ち入り »