« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月21日 (日)

イボセイヨウショウロ

いわゆる国産黒トリュフ。
次男坊の部活の大会が終わるのを待つ間、暇つぶしに付近の公園を探したところあっさりと発見。

Pa210630

Pa210631
かなりの大物

Pa210634
カッコイイ!

仲間からもらったことはあるが、そのうち自力で採取しなければと思っていたキノコ。
このキノコ、重量感といいマス感といい最高にカッコイイと思う。
例えるならガチッとしたクロカワを採取したときの喜びに似ているかな。

Apa210642

Pa210639

どうよこれ?スライスするとさらにカッコイイでしょ?
ビジュアルはまさにトリュフ。貧乏だからろくに食ったことないけどトリュフ。


…しかしだ!


このキノコを美味いと言って喜んで採る人も結構いる。
実際仲間の一人もこれがたまらなく好きだと言う。
だが私はどう贔屓目に見ても、例の溶剤+青海苔的な匂いを肯定できないwww
この匂いは何度嗅いでも磯の香。野山では場違いな不思議な匂い。
仲間からもらった時はトリュフオイルなど作ってみたものの、どうも香りが弱くて決定的な使い道がないまま廃棄してしまった。
従って今回、用途のビジョン皆無ナリ。
ただしステルスキノコ故に探し当てる楽しさは大いにある。が、私にとって今はそれだけ。

採って楽しいが人を選ぶこのキノコ。
見た目がカッコイイだけに使わないのはもったいないと思うのだが、さてどうしたものかのう…

| | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

ナッシング バット ナラタケ

今週は迷いに迷った。

①ヌメリスギタケモドキ再チャレ
②ウラベニホテイシメジ探して甲府盆地へ突っ込む
③あるいは手を付けてない伊豆なんか行っちゃったりして

①②はもう時期的にアレだけど可能性はまだある。しかし散々悩んだ末に新たなときめきを求めて③を選択した。
てなわけで新規開拓に備えてしっかり目覚ましをセットし、早めに就寝したのだが…

20181013_2109_38917

俺氏仕事の疲れに勝てずwww
テンションダダ下がりで朝飯を食い、さてどうしたもんかやめちゃおうか…なんて考えながらも結局は到着。箱根越えは寒かった…

Img_20181013_212037

出発時間が遅れた分、場所は伊豆半島の付け根あたり。
衛星写真でテキトーな広葉樹林にマーキングし、スマホのナビで辿り着いてみればブナの原生林であった。

Pa130605

だがブナ林あるあるの鬼のような笹地獄www
いやこれはあるあるの度合いを超している。今まで見てきたブナ林はもっとマシ。
道はあるものの樹木の密度が薄いのがなんとも頼りない。とにかく笹ばっか。

Pa130602

Pa130604

時期が悪いのか笹が悪いのかわからんが、腐生菌のナラタケ(しかも古め)をちょこちょこ見かける程度で、菌根菌はまったくと言っていいほどナシ。
辛うじていつでもどこでもキノコのベニタケが出ている程度。んん~入った場所が悪かったか。

Pa130610

Pa130611
唯一新しかったキツブナラタケと思われるものをキープ。

Pa130612

Pa130613
ウスヒラタケもあったが単発すぎww

今は時期的にナラタケが精一杯な気もする。またナラタケか…
キノコを始めた頃はナラタケでも感動モノだったが、今となっては壮大に群生していない限り普通種で、むしろ負けキノコ扱い。
出来ればコナラやクヌギ、ミズナラ系の森を見つけたかったが…とはいえナラタケも食ってみると結構美味いんだよね(^^;)

衛星写真と植生図で検討を重ねる作業に戻ります。

| | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

ジレンマ葛藤自己暗示

Ap9300584
さようなら今年の松たけ子…
最後の炊き込みの味、忘れないぜ。


Pa060586_2

Pa060587

さて心置きなく広葉樹林だ。(ホントかな~?)
北は倒木で通行止めだし、ちょうどよかったぜ。(ホントかな~?)
ターゲットは大好きなヌメリスギタケモドキ。
そうそう今回、停車して突入場所を選んでたら須走ビギナー(全然ビギナーじゃないけど)のnaoさんに会っちゃった(^^)
「ビギナー」なんて名乗ってるからもっと若い方だと思ってたら、なんと私とタメでございましたww
一緒に写真撮りたかったけど、早く上に行きたくてそわそわしてる様子だったので遠慮しときました。今ちょっと悔やんでます(笑)

でもハッピーだったのはここまで。
もう結構歩いたのにターゲットが見当たらない。今日は鍋にしようと思ってたのに。

Pa060588
あった!い、一本だけ…

34

Pa060589

あぁあった!と遠目に見つけて近づいてみりゃスギタケモドキ。しかも腐りかけ。
ちなみにスギタケモドキは毒判定△だけど、時々負けキノコで食っちゃうんだよねwww

Pa060593Pa060594

今度こそあったぞ!と思ったら古い。
時期が早いんだか遅いんだか判断に苦しむ。
紅葉が始まったばかりなのでまだ早いのだと信じたい(-人-)

Pa060595

美味しそうな食べ頃を見つけるもまた単発…
このゼリー状の傘…うまそう…くやしい…うまそう…くやしい…
「やはり通行止めを越えて○km歩いてでも北へ行くべきだったか?」
「いやいややっぱりそれはキツイ。今日は選択肢のない日だったんだ」
そんな思いを交錯させながら尻尾を巻いて撤収。結構歩いたんですがね…
負けキノコにする予定のハナイグチさえもすべて老菌でとどめを刺される始末。あとはアカモミタケかな。だがそんなボソボソ天ぷら爆弾は採りません。

Pa060598
トリカブトがやたら咲いてたけど、これ夏の花じゃなかった?背が低いし別種かな?

まぁなんだかんだ言って結局は北に未練タラタラなわけです。
ぶっちゃけ通行止めさえなけりゃ、今日北明日ここのパターンで探索してたはず。三連休ですからね。
やはり松たけ子は王であり神。たとえドジョウがいなくても、柳の下を見たくなるのが人情ってもんです。

Dsc_2955
元京都府民のワイ、王将で豪遊。約8,000ペリカの散財。

Pa060599

Dsc_2957
悪あがきで寄った地元の公園でハタケシメジらしきキノコを見つけたが、どうも違うらしい。

Pa060600
そしてクロカワ?だよなコレ?(笑) 公園でクロカワ??スルーしたけど。

| | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

人類モンベル化計画

Ap8110480

モンベルマン化が止まらないwww

今まで中華インフレーターやエアマットを使ってきたが、最近買ったモンベルのマットは厚さ38mmで熟睡。コードでつなげば枕がズレないという優れもの。やっぱ10,000円クラスは違うわ~。
まぁそれはそうと、モンベルショップが常々出先にあるもんだからついつい吸い込まれちゃって困る。
かろうじてトレッキングシューズとザックを残して、上から下までモンベルに侵食されつつある自分。当然モンベルクラブも入会済み(笑)

このメーカーは趣味人には物足りないかもしれないが、良品適価で好感が持てる。ここまで何でも無難に揃う総合メーカーって他にあるだろうか。
そのぶん大衆的で凡庸とも言えるが、コールマンはラグジュアリーなアメリカンコンフォートだし(でもガソリンストーブは大好き)、スノピは勘違い路線を突っ走って今や逆に恥ずかしい。(クッカーやカトラリーは好き)
ほか諸々のアウトドアブランドは、ただの企画物アパレルで論外。
モンベルの Function is Beauty と Light & Fast をモットーとする商品開発は、合理主義者の私にピッタリではないか(笑)
欠点を挙げるとすれば色かな。PANTONEカラーよろしくオシャレなのはわかるが、もっとアースカラーに振って欲しい。特に山岳用を除くテントね。

こんなこと言ったら「何をいまさら」と笑われるのだろうか。
もしかして私が今まで知らなかっただけ?
しゃーないよ。今までずっとワークマンで済ませてきたんだもん。

| | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »