« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年9月

2019年9月28日 (土)

伊豆半島キノコ目線ツーリング

まったく!いつになったら涼しくなるんかね!
え?もう涼しい?どこがやねんわしゃ暑がりなんじゃい!
てなわけで今だに秋が来ないままキノコも不作だしやることもない。

P9280998_20190929195701

なにもない土日ほど空虚なものはないので、朝からセロ子で伊豆半島を小回りしてきた。
海沿いは大体把握している伊豆だが、山間部は未知の世界に等しい。
箱根越えで淡島を経由し、ちょっとだけ漁師町の風情を味わったらすぐに山へ。もちろんキノコ調査のために。

P9280999

今回はキノコ仲間によるウラベニ採取実績(昨シーズン)をなぞる形で来た。
つまり自力ではないので、目標達成したとしても喜びが薄いのは承知の上。
当該地域の山林がこれまたいかにもな雰囲気だったのだが…

P9281002P9281003

どこにでもコンニチワするベニタケとテングタケぐらい。まぁわかってたけどわかりたくないね。
まだ時期が遅れてるだけかも?なんて一縷の望みを勝手に繋いでも、あっさりと裏切られるだろうね今年は。

P9281005

最後の最後、沢筋に出ていたウスヒラタケをキープし、なんとか手ぶらの帰宅を回避する。
秋が深まればナラタケがニョッキニョキ出そう!というのがこの森の印象だが…今年は無理かな?

P9281006

わりとネチネチ調査したけど、やっぱりアイツ(ウラベニさん)はいなかった。
ま、昼飯にしようや~というわけで今日の対カップ麺装備はスベア123Rとトレック900。

P9281007

午後からは気持ちを切り替えて、ただのツーリングモードへ移行。
自分でもよくわからんうちに達磨山高原レストハウスにたどり着いたけど、伊豆の山々と駿河湾と富士山が一望できるええ景色やなここ。

P9281009
ファッ!?

P9281010

静岡県きのこ総合センター…だと!?
入館無料だが人っ気がまるでない。恐る恐る入ってみると、キノコの博物館というより伊豆におけるシイタケ栽培の歴史がメインだった。

ゴメン正直興味ないwww

館内は小綺麗に保たれているが、入場者記録を見るとここ一週間の一日平均来場者が2人にも満たないという哀愁の館(´;ω;`)
すまん「伊豆のキノコ分布図」みたいな資料を期待して入ったオレが悪かった。

P9281015

修善寺を抜けたあとは、初めての伊豆スカイラインで自宅の方向に進む。
ツーリングには最高の道と聞いていたけど、なんかウチからご近所で馴染みのある箱根の延長的雰囲気でイマイチだった。
全国の伊豆スカファンの皆様…すまんwww

P9281014

レストハウスはオラオラ感漂う大型バイクが集い(実際は画像の3倍ぐらいの台数)私のような軽二輪オフ車など皆無。
走る目的が違う私だけ只々異色で肩身が狭い。バックパックにくくりつけたトレッキングポールだけが矜持。

P9281018

画像では不鮮明だけど、真鶴半島が模型のように俯瞰できる。一方反対側は富士山と駿河湾というこの眺望はさすがかもしれん。
でもな~んか特別感というものがない。やっぱこれ標高のせいかな?
今回通ってきた伊豆の道も、結局里山に囲まれた田舎道が多くてどことなくご近所感。伊豆の王道はやはり海沿いかもしれない。
やっぱ全エリアに高原独特のプレミアムな空気が漂う富士山には勝てない。あそこは何を見ても非日常に溢れているな。うん。
このあと箱根越えで帰宅。久々にセロ子さんを可愛がってやった一日でした。

| | コメント (4)

2019年9月22日 (日)

CX-5パワーリアゲートの音量調節

さて車の話で恐縮だが、我が超高級車CX-5のパワーリアゲートがうるさいのだ。
あの「ピィーーーーーーーー」って音がかなり気になる。昼間はそんなに気にならないけど、深夜は近所迷惑かもね。
今回はコレを是正すべくいじってみたという記事。誰かの参考になれば嬉しいなと。

P9220992
P9220979 
まずパワーゲートのスイッチとハンドルを引っ剥がし、音源を特定してみた。
どうやら「SKYACTIV」バッジの裏側あたりらしい。
 
P9220991
P9220990
てなわけでまず天井側から剥がす。ここから剥がさないと最後にバックドアパネルが嵌められない(途中で判明)。
内装剥がしを使わなくても素手でイケそうな感じ。

P9220988
P9220986
続いて現れたクリップリベットを抜いてピラー部パネルを素手で剥がす。

P9220994
バックドアパネルのクリップリベットを外す。
(正規の手順なら1~2枚目の画像の工程へ)

P9220985
バックドアパネルをビビらずにベリベリッ!と手で剥がす。思い切りが必要。

P9220981_20190922194701
右側にあるコイツが音源。自分の想像とは違うものが付いてた(笑)

P9220983
外すとこんな感じ。あとで判ったけど別に外さなくてもOK。

P9220982
この四角い穴から音が出るので

P9220984
スポンジクッション(粘着テープ付き)で半分塞ぐという現代テクノロジーの粋を惜しみなく投入。

あとは逆の手順(バックドアパネル→サイドピラーパネル→天井パネル)で元に戻せば完了。
さっそく開閉テストしてみると…丁度いい音量になってるやーんイェーイおしまい!

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

There Must Be An Angel

Dsc_0302

予報では連休中は雨。てなわけですんげー迷った。
キャンプもしたいしカニ捕り遠征にも行きたい!
しかし結局は富士山。しかも有給取って雨の心配がない金曜日に行っちゃった。

Dsc_0306
There Was A Destroying Angel

Dsc_0307
シロアシフウセンタケがあったのでキープ

自分なりのシロを巡ってみたが、結局M(神)の気配なし。全体的にイマイチキノコっ気ないね。
途中偶然にも「本ポルおばさん」と出会い、キノコ談義してきました。
実はお会いするのは2回目なんだけど、北富士でこの人を知らない奴はモグリと言っていいほど有名な人ね。
まぁM(神)の情報もいろいろ教えてくれましたが、やはり今の所ダメという話。またどこかでお会いしたいですな。

Dsc_0308

そのまま帰るのもなんなんで、一時間ほど走ってブナ・ミズナラ・アカマツの混成林をスネークしてきた。
お目当てはウラベニホテイシメジ。そう。私まだこのキノコ採ったことないんですわ。

Dsc_0312
Youは何故ここに?の単独コガネヤマドリ

Dsc_0309  
食える!?ねぇこれ食える!?

あとで仲間に聞いたらオシロイシメジでした。
以前は食用で今は毒という例のパターン。まぁ白い奴はヤバい説に基づき、その場では捨ててきましたが…ベニテングタケと交戦した者としては食ってみてもよかったかなと。

M(神)はともかく、ウラベニさんなかなか会えないね…(´Д⊂ 
まぁ気長に(気が向いたらまた)探すよ。うん。
あとね、やっぱり見知らぬ広葉樹林はワクワクするね。

てか土曜日雨降んねーじゃねーかコラwwww
オレの楽しいキャンプを返せくぬやろ!!

| | コメント (4)

2019年9月14日 (土)

雑談2「運転が楽すぃ~!」

Dsc_0274
Img_20190914_092233

富士山では目下ツガタケが旬だというのに、なんか今年はモチベーション低っ!
まぁちょっと飽きたとも言う。
キノコ道も突き詰めれば、結局ごちゃまぜのきのこ汁が一番美味しかったりするし。
てなわけでせっかくの三連休は、県内某フィールドでナラタケモドキなど採取しておしまい。しかも実働30分。
本当はヤマドリタケモドキの第二波狙いだったんだけどボウズ。いや今年は不調でろくすっぽ食えなかったな。

Dsc_0279

ヒマなのでその後のCX-5の話でも。
5月半ばの納車以来、まぁいろいろくっつけてみましたわ。

Dsc_0289 Dsc_0288_20190918223301
Dsc_0291 Dsc_0284
Dsc_0292 Dsc_0283
Dsc_0285Dsc_0282  

両面テープで貼り付ける光り物が多いんだけど…まぁ全然ワイルドじゃない方向へ走ってますわ。他にもドラレコ取り付けや灰皿照明の自作とかも。
会心のいじくりはウインカー4灯LED化かな。あ、そーいやルームランプも全部LEDにしちゃいました。
この車はキャラクター的にワイルドとかアウトドアなんて程遠いです。そういうのは四角い車ですよ四角い車。
とにかく前車同様ディーゼルに乗りたかっただけ。四角い四駆のディーゼルがありゃ乗りたいです。なに?プラド?んなの高くて買えるかいっ
高度なディーゼルテクノロジーを有するマツダですが、なにせどの車もデザイン優先なもんで車中泊の際は室内高の低さに閉口します。
以前記事中でMAZDA3のデザインを称賛しましたが、実際に乗り込んでみると後席の狭さに唖然とします。それが災いしてか売れ行きは芳しくないようですな。

ユーティリティに文句ばかりのCX-5だけど、実はこの車、走り出すとメッチャ楽しいんだわ。
一人なら軽快でスポーティー。家族フル乗車ならどっしりと重厚感ある上質なクルージング。
オートクルーズも楽ちんでいいけど、アクセル踏んで走らないとせっかくの道路がもったいないとすら思えるほど。
もうね、どこまでもドライブしたい気分になるのですよ。これMTで動かしたら相当ヤバいんちゃう?
てなわけでユーティリティとトレードオフのドライバビリティってーのも、これなかなか捨て難いなというのが今の感想。
自分は車もバイクもガチで弄れるスキルなどないけど、やっぱり乗り物が好きなんだなぁと感じた今日この頃でございました。

| | コメント (2)

2019年9月 7日 (土)

富士山ようやく始まったか?

Dsc_0257
まずはマスタケがお出迎え。まぁ綺麗だけど…ヤニ臭いから食わん。

完全に遅れている富士山。
キノコ仲間の平日スネークにあやかって来たけど、これ例年なら盆休み後半の状態です。
困ったな今年は時期が読めない…

Dsc_0258
第一ツガタケ発見

Dsc_0260
しかしピンポイントでしか生えてなかったという…

Dsc_0264
夏キノコはしりの王様(どこがやねん)ウラグロニガイグチは今週も健在。
肉厚で美味いという人もいるが、アタる人はアタるらしい。

Dsc_0263
ターゲットはツガタケだが、今回は保険でタマゴタケもキープ。

Dsc_0265

Dsc_0266
んで、普段採らないハナイグチも少量キープ。溺れる者は藁をも掴む。
いかにも美味そうな色合いに負けた。

Dsc_0268
帰りにヤマドリタケモドキのシロに寄るも、赤(アカヤマドリ)の幼菌一本見ただけ。

Dsc_0271
ツガタケは10本ほど。まぁご飯1合半分てとこかな。

特に何のトピックもない戦果ですな。今日はさらっと終わっときます。
ツガタケは来週末に期待。あ~早く涼しくならんもんかね。涼しくなったらキャンプ行くんだ(キャンプかい)

Dsc_0273
タマゴタケとハナイグチはクリームパスタで。意外にも嫁の評判良し。

| | コメント (6)

2019年9月 5日 (木)

雑談

先日夕方のNHKラジオを聴いていたところ、日韓問題についてリスナーからのメールを紹介したんだよね。
「この際とことん輸出規制をしたほうがいいと思います」
というメールに対して、アナウンサーの畠山ナントカって人が即座に言ったのは
「いけません!それはいけません!」
驚いたね。意見は双方尊重すべきでしょ。中立的立場のキミがそーゆーこと言っちゃダメだよ。

山に行くときはラジオ聴きながら歩いてるけど、ど~もNHKはアヤシイんだよ。
夏は毎年毎年戦争の悲惨な話ばかり。まぁこれは終戦記念日が近づくにつれ自然な流れだけど、それがあたかもこの国が再び戦争をするような言い草なんだよね。
専守防衛なんだから、まず普通に考えて侵略戦争はやらんでしょ。もしやっちまった場合、まず政府の支持率落ちて政権交代は必至。次に国際社会から孤立間違いなし。この国の経済はガタガタ。革命起きて軍事政権にでもならん限り、こーゆー生産性のないシナリオはまず無理ね。リスクが大きすぎる。
そもそも反戦や反軍拡を叫ぶなら、そりゃ火種を燻ぶらせる隣国にでも言ってくれって話だね。これ一番大事なとこだけどNHKをはじめとする各メディアやリベラル団体はだんまりを決め込む。不可思議な奴らだとは思わんかね?
しかし多くの国民の犠牲の上に豊かで平和な今があるってことは忘れちゃいかんと思う。また皮肉なことに軍需産業あるいはその切迫した状況とテクノロジーの進化は表裏一体でもある。残念だがこれ先進国の歴史の常ナリ。



さてブログ更新もご無沙汰なんだけど、一応ガサ活動はやっとります。
だがまずキノコが不順ナリ。富士山にも行ったけど、とっくに最盛期を迎えてるはずのツガタケが全然ない!てなわけで記事にしてない。こりゃどーしたことか。
雨も結構降っているはずなのに、遅れているのか今年は出ないのか、とにかくいまのところ掴み所がないというね…
この分だと松たけ子様に対しても、いつ本腰(有給取ってガサ入れ)になりゃいいのか絞りづらいわ。
ならばと平地のポルチーニを見に行けば、こちらもショボいのが2本だけという有様。こっちもいつがベストなのかわかんねーww
例年ならキノコで忙しい時期なんだけど、あまりに不順なもんだから2回もウナギやっちゃったけどボウズwww
結構期待したんだがね。1回目はともかく、2回目はナマズさえ釣れないお通夜の状態。
うるさいほど釣れたナマズはどこ行っちゃったんでしょうね~

P8310977
またもや戦場でT君と会ってしまった。
彼はスッポン狙いだったが今回はじっくりと長話ができてよかった。
即座に名前が出なかったのは歳のせいだから許してくれwww

とにかく久々に復活したウナギ釣りは瞬間風速で終了。もうやらんぞ。やるもんか。ミミズ確保するのメッチャしんどい…
まだ身の振り方はある。そうだカニだ。モクズガニ。ありゃ美味いからな。あと去年捕獲に失敗したブラックタイガー。
だがまだ暑い。人一倍暑さが苦手な私だから、平地で車中泊となるカニ捕りは地獄かもしれん。今年は残暑が長引くという予報はだいたい当たってるようだ。

| | コメント (4)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年11月 »