« フェザーストーブ442参号機 | トップページ | ここもダメ あそこもダメの 林道偵察(字余り) »

2020年6月24日 (水)

メッシュ焚き火台 五徳の自作

こんにちは。メッシュ焚き火台の五徳を考える会会長のいちろーたです。
今日は約半年間に及ぶ「メッシュ焚き火台用五徳の考案と自作」がひとまず完結を見たのでスゲー大雑把に自慢します。
Meshfs 出典:Amazon
まず上の画像を御覧くださいませ。これが俗に「メッシュ焚き火台」と呼ばれるものでございます。
このタイプは安価で軽量。幅も高さも適切。燃焼もスムースで撤収も楽。現時点でほぼ隙のない焚き火台と言っても過言ではありません。
私見ですが、かの有名かつ高価なピコグリル398など足元にも及びません。なぜなら自由度と開放感・燃焼効率が格段に違うからです。もちろんコストパフォーマンスは言うに及びません。
Pb301028
さてこの焚き火台、焚き火調理の際はこのような市販の五徳(BUNDOKのBD247)を使用しておりましたが、小型なので複数のクッカーを載せる際は苦しくなり、薪の追加も窮屈です。ならばもっと大きなものを使えば?とお思いでしょうが、現時点で適切な大きさの五徳は稀。あっても重いので、バイクキャンパーにとっては看過できぬ要素となります。
さて堅苦しい能書きはここまでにしましょう。要はですね、もうずーーーーーっと考えてたんですよ五徳の自作を。
仕事中に落書きレベルの設計図書いたりなんかしちゃってね(仕事しろよ)
今「半年も考えるほどバカなのかコイツは」と思ったキミ!構想中の細かい話すると長ーーーーーくなっちゃうから割愛するけど(本当は延々と語りたいほど)これいろんな選択肢があるから迷っちゃうんだYo!
んで最終的に4つある脚の穴を利用する方向で決定。脳内シミュレーションでは一番スタイリッシュに仕上がる…はず。
P6211414
外径4mmのステンレス棒をこんなふうに曲げて4つ(以下「コの字脚」と呼称)作る。
4つと言っても同じものではなく、2つは逆向きで左右対称で2組ということになる。それと内径4mmのステンレスパイプが2本。
P6211413
それをこう組み立てて2セットにして使うわけ。
コの字脚の真ん中の長さで五徳の高さが決まるので、曲げる前によく考えたほうがいい。わたしゃ~薪三本で省エネ調理するのが好きなので、約55mmとした。あまり高くすると火力を要するのでクッカーの持ち手まで熱くなっちゃうし、低すぎると薪の追加に気を遣う。実際に薪を載せてメッシュのたわみ具合と相談するのがいいけど、まぁ焚き火調理なんて元々荒っぽいものだし、正直テキトーにやってもなんとかなっちゃうと思う(笑)
P6211412
パイプの内径とステン棒の外径が同じなので、挿し込みはちょっぴりシビア。しっかりバリ取り・面取りすれば大丈夫。なお変色部分は曲げやすくするためにガストーチで赤熱させた跡。
これを本体の(パイプの)穴に挿し込むわけだが、本体とコの字脚の角度の都合上、先に五徳を組む、あるいは先にコの字脚を本体に挿してしまうとうまくいかないので、上の画像の箇所を遊動させながら、コの字脚を本体と五徳のパイプに同時に挿し込んでいく。
コの字脚の両端が短いほど楽に挿せるが、その分強度は低下する。
P6241424
するとこうなるわけだが…おお~ええ感じやん(^^)
期待以上にしっかりしててこりゃイケるぞ。あとは好きな五徳を載せやがれくださいってなもんです。
てゆーか記事のタイトル間違っとるな。五徳の自作というより「五徳ベースの自作」だな。
P6241422
同じ4mmステン棒で五徳も作ってみた。
P6241418
端を折り曲げただけの遊動式。
当初ピコグリルみたいなスピットタイプにしようと考えていたけど、こっちのほうがいいや。
P6241420
使わない時は端っこに寄せておくとかね。結構自由です。
P6241425
こんなレイアウトも出来ちゃう。大小鍋同時載せの時なんかはいいやね。
P6241426
セットで272g。BUNDOKの五徳が380gだから軽量化しとるね。

一部アルミ材に置換すればさらに軽く作れそうだけど、まぁステンレスが無難かな。
地味に嬉しいのが焚き火台の収納バッグに余裕で同梱可能という点。それと煤で汚れる面積も格段に減るので手入れが楽になるはず。
気がかりなのは熱でステン棒がたわんでこないかという点だけど、その時は別のパーツを考えましょ。
いや~今回のDIYはキャンプ道具DIY史上最高の達成感ですわ。オレが欲しかったのはまさにこれ!って感じです。
載せるだけのタイプとか散々悩んだけど、まさかここまでスッキリと洗練されたものが出来るとは思わなんだ(^^)b

【使用した工具類】
ディスクグラインダー(材の切断)
ベンチグラインダー(バリ・面取り)
インパクトドライバー+ダイヤモンドヤスリ(パイプ入り口面取り)
バイス(曲げ加工時の固定)
メガネレンチ(曲げ加工の梃子)
ガストーチ(曲げ加工の促進)
プライヤー

追記:後日五徳を作り直しました。
http://nature-explorer.way-nifty.com/blog/2020/08/post-dd6a21.html
ユニフレーム ファイヤースタンド2との組み合わせ
http://nature-explorer.way-nifty.com/blog/2020/08/post-31b8a9.html

|

« フェザーストーブ442参号機 | トップページ | ここもダメ あそこもダメの 林道偵察(字余り) »

男のアイテムとDIY」カテゴリの記事

コメント

これ、良いわ~!傑作じゃないですか。
焚き火台作りたくなってきましたよ、作りますわ!
最近ステンレスのロウ付けにはまっており丁度何か作りたいと思っていたところです。
ちょっとお聞きしたいのですが、こちらの焚き火台はどちらのものですか?AMAZONとりあえず、安物を買おうかどうしようか迷っております。
安物メッシュだけ買って他は自作かと思っているのですが、安いメッシュは1回でダメになる的なレビューが散見しておりまして、、、。
信頼できる筋からの情報が欲しくて、いちろーた様よろしくお願いいたします。

投稿: ニック | 2020年6月25日 (木) 12時52分

おっさんの針金遊びに高評価恐縮です(笑)
さっそくお返事をば…

1.焚き火台ごと買う
中華モノならどれも大差ないかと。ただし真ん中の止め金具がネジではなくリベット?のほうがいいです。
私のはバイク積載前提なので、BUNDOK焚火スタンド BD-480という二分割のものですが、車なら分割しないほうが扱いやすいです。
ちなみに三分割のものは噛み合わせが甘いのでやめたほうがいいです。
予算に余裕があれば中華に比べて軽量な、元祖国産のユニフレームファイヤースタンドがおすすめですが、付属のメッシュはピンのストッパーなので針金を挿せません。五徳を装着したければメッシュを別に買うこととなります。
2.メッシュだけ買う
メッシュ単体で売ってます。値段は1,100円程度。私もノマドという中華ブランドを予備で買いました(現在は品切れ中)
他にも単体で売ってるので探してみてください。
3.自作する
ホムセンでステンメッシュ(目が細かいもの)を買ってきて、任意にカットして縁を折返しハトメで止めるのが一般的な方法です。
おそらくニックさんなら私以上に楽勝でしょう。方法は動画などで紹介されてます。ステンメッシュはかなり細かいものでないと灰が落ちます。網戸なんかよりはるかに細かいです。40cmの薪が楽に載る大きさにすることを強く推奨します。

ざっと説明しましたが、他に質問あれば知ってる範囲でお答えします。メッシュの強度は多少当たり外れあっても所詮は消耗品ですので、はずれても買い換えるつもりで割り切るべきです。さて(自作するなら)どんなのが出来上がるか楽しみですね~(^^)私はロウ付けの難しさやコストを見て怯んでしまった人なので…

投稿: いちろーた | 2020年6月25日 (木) 19時34分

いちろーた様
丁寧なお返事ありがとうございます!!
大変参考になりました^_^
どうせ買うならユニフレームかと思っていたのですが、穴が使えないなら再考ですね、貴重な情報ありがとうございます。
メッシュだけ既製品を買うか、メッシュを作るか、迷いどころです。
既に、方向性は焚き火台そのものの作成に向かってますな(笑)
とは言え、私の工作能力も持っている工具も大した事ございません。強者に見えているかもしれませんが、きっと隣の芝は青く見える効果です。私のラボは、集合住宅のベランダですから(笑)
アドバイスありがとうございました!
妄想膨らませてみます^_^

投稿: ニック | 2020年6月25日 (木) 21時22分

これはこぼれ話なので返信不要ですが、ユニフレームのピンは抜くことが可能か?とか、力技で穴が開けられるかなどは未確認です。
店頭で実物を見たことありますが、不覚にもそこまで検証してないのですwwただユニフレームの付属メッシュはおそらく耐久性を考慮したのか、中華と比べて太め&荒目で、細かい灰が落ちやすいようです。では中華なら落ちないのかと言えばそうではなく、非常に細かい粉のような灰が落ちます。
魅力は中華と比較してほぼ半減する重量。約60cmというバイク積載に向いてない仕舞寸法に目をつむって、私もそのうち買い替えるかもしれません。
長いのでぶった切って二分割に改造するユーザーもいますが、6,000円超の焚き火台をぶった切る勇気が私にあるかどうかww
でも本当に綺麗な製品なんですよユニフレームの焚き火台は。メーカーの哲学も好感持てるし、最近ユニフレームの道具が徐々に増えてます。

投稿: いちろーた | 2020年6月26日 (金) 00時48分

ユニフレームの製品は、バーナーパッドを持っております。ええ、製品の質感がいいですよね。触るのが嬉しくなる感じです。正直、実用性から言えば自作したり、安物でも機能としては変わらないんだと思いますが、趣味の用品だからこそ、触って嬉しくなる質感にお金を出した方が良い!と思ってます。
焚き火台もいい製品なんだと想像してます。
だけどですね〜、今日ホムセンを散策してたらネジとナットが、僕を呼んでるんですよ。おーい、コッチ、コッチ、ココだよ!って。。。
彼らと目があった瞬間にアイデアが降ってきましてね♪
とりあえず彼らと戯れてみます。そのうち拙ブログで紹介できればと思います^_^

投稿: ニック | 2020年6月26日 (金) 20時59分

ホムセンは一度入ったら短くても1時間近くはスタックしてしまうので、こういうとこは一人で行くに限りますな(笑)
まぁ燃焼台はメッシュタイプに限らずステンレス板でも…と考えると無限に広がってしまうからたちが悪いww
最近のキャンプ道具は中華勢力が増してますが、おっしゃるとおりやや値が張っても国内メーカーを長く愛着持って使いたいものです。
ただ中華勢力もパクリ元の改良品出したり、国内メーカーよりツボを抑えたものを開発してくるので侮れませんよね。そーゆーのは買っちゃいますけど(笑)

投稿: いちろーた | 2020年6月27日 (土) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェザーストーブ442参号機 | トップページ | ここもダメ あそこもダメの 林道偵察(字余り) »