魚類

2019年8月15日 (木)

久々にウナギ釣りをした結果wwww

地元河川のウナギ釣りは苦行に近い。
釣れればデカイが数釣れない。ボウズなど当たり前。
鰻丼4人分に必要な本数を揃えるまで、気の遠くなるような戦いが続くのである。
さらに追い打ちをかけるように勤務地が変わり、平日出撃がほぼ不可能な環境になってしまったのだ。
てなわけで私はウナギ釣りを封印した。
多分再開は定年後であろう。

だがこの盆休み中、子供たちから想定外のウナギ釣りやらせろコールが来てしまったのだ…

Dsc_0222
兄弟揃って釣りをするのは初めて

リクエストとあらば一時的に封印を解かざるを得ない。幸い雨のおかげでミミズも捕りやすくなったし。
ぶっちゃけテキトーにナマズと遊んでもらって「ウナギ釣れなかったけど楽しかったね~」的なエンディングでいいんじゃね?

Dsc_0223 

確かに最初は大小ナマズのオンパレード。
時折コイやウグイも掛かって「どーせウナギなんか釣れねーよ」的な空気は益々盛り上がってくる。
しかし五目釣りの要素でパワフルな川魚と戯れるのも、夏の思い出として悪くないはずだ。
子供たちが楽しんでくれれば親としても喜ばしいのだ。

Dsc_0224

どっこい日没後、次男坊が55cmほどのウナギを釣る。55かぁ…う~ん細い。

「リリースだな」
「えーーー!」
「食うのかよマンドクセ(-_-;)」

私は目測50cm代のウナギはリリースする主義だが、自分で釣った初めてのウナギを食いたい心情はわからんでもない。
特例としてキープしようではないか。あー料理するのめんどくせー。
だがこのあと、長男がとんでもないことをやらかしてくれた!

1565783387682

1565783393375

これ…キロ超えしてねーか!?

メチャクチャ太い!重い!
こんなウナギは久しぶりに見た。
私の自己記録は80㎝・1㎏だが、その記憶に匹敵するほどの大物である。
スゲーぜ長男!ついでに此奴の種を蒔いたオレもグレートってことで。
このあと長男は61cmのキープサイズも釣り上げ、上機嫌での納竿となった。そりゃそうだろうwww

Dsc_0238

帰宅後の計測で85cm・1,020gという結果にwwwww
もう何年もこのサイズを見たことがない!
自己記録もあっさり抜かれたが、我が息子の快挙になんとも気分がいい!

Dsc_0239

真ん中のが61cmと言えば、この大きさが解ってもらえるだろう。
んん~~なんかどうなの?やっぱウナギ釣りって辛くてもやる価値あるんじゃね?
なんて気持ちが沸々と湧いてくるからやめてくれwww

長男は糸と針の結びを覚え、これからキャンプや釣りなどを趣味にしていくと言い始めている。
次男は次男でガサに関しては天性のセンスがあるので、こちらも将来が楽しみ。
やっぱ男の子って最高だぜー!
男二人も生んでくれたカーチャンにも感謝!

| | コメント (5)

2017年10月 8日 (日)

エビはスーパーで買おう

いや~前回見つけたエビに気もそぞろな二週間でしたwww
金曜から現地入りする気満々の予定が大雨で一日延期。

Pa070175

相手がエビなので活かしのエアレーション装備のバッカンを用意。
エビ網も1.8mの柄に付け替えて二種類用意。
あとは掬ったエビをどう食おうか?塩焼き?エビフライ?いやいやそんなに型良くなかったから寿司ネタかな?
などと期待に股間を膨らませてガサり始めたのですが…

エビいませんwww

マジか!エビどころか副産物のハゼもいない。
おそらく前日の大雨で水量が増加し、汽水域が後退したんじゃないかと思われ。まぁ普段より川の流れが早いのは確か。

Pa080177
久々にコケたしクッソwww

結局初日の収穫はズガニのみ。メス主体の拾い歩きでツ抜けはしたと思います。まぁこれは良かった。でも楽しみにしていたエビいないしなんかもう帰りたい気分ww
前回10匹以上目撃したエビは千載一遇のチャンスだったのかなと…そう言えば今まで通っててあんなの見たことなかったじゃないか。冷静に考えりゃ常時柳の下に泥鰌がいるわけじゃなし…つまりこのランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れてたわけです。

Pa080182

2日目は何もせずに夜を待つ。喪失感から昨夜仕掛けたカゴも揚げずに入れっぱなし。
ハゼ釣りの道具は持ってきたものの、前日の惨状見ちゃったらそりゃハゼなんてろくすっぽ釣れねーだろうと決めつけて、タブレットで映画見たり温泉入ったりしてました。
名付けてアウトドア型引きこもり。あ~ソコリまでまだ長い~

Pa080184
ディナーは一時間以上煮込んだ超肉だくカレー

最近買ったメスティンが手放せません。
もうスノピのクッカーやめてこいつとラージメスティンのペアでよくね?なんて魔が差すほどです。
もうね、ご飯炊いた時こいつほど様になるクッカーないでしょ。うん。
何と言ってもけしからんのはこれだ。この四角い形だ。実にけしからん。日本人は四角に弱いんだよ。ペヤングだって四角いし。
最近じゃ家でもメスティンによる卓上炊飯にハマる始末。
炊き上がりの一期一会なアナログ感がたまらず、加えて炊きたての美味さは炊飯器の倍ほどに感じますからね。
もっと手軽な卓上炊飯を目指して、これ↓も買っちゃいました。

Pa010169
SOTOのST-310

言わずと知れた名機です。ガソリン派の私ですが屋内卓上ならこれに勝る手軽さはないでしょう。
今回車内でも使いましたが、室内高がなくても静かに安全に湯沸かしが出来ました。最初に火柱が上がるガソリンストーブじゃ真似できません。
もちろん自己責任での話ですが、ガスも適材適所に使い分けると便利なもんです。

話が逸れてしまいましたが2日目は状況が好転しました。

Pa080187

Pa080204

ハゼ掬い放題ワロタwww

ハゼが戻ってきました。いやコイツら昨日はどこに行ってたんだろう?
簡単にとは言えませんが、エビ網で掬い…いや被せ放題です。
釣るのもいいけど手間暇餌代考えるとねぇ…こっちは趣ないけど効率は上。

Pa080186
カゴの入りも大型のオスメスで上出来!

Pa080192
ノコガザmini(リリース)

Pa080200
ノコガザnano(もちろんリリース)

Pa080201
再びノコガザmini

しかし残念ながらエビは見当たりませんでした。
ノコガザは大本命とも言えますが、どちらかと言えば「獲ったど~!!」のトロフィー的な意味合いが強く、食味ならズガニのほうがハズレなしに美味いですから。
ぜ、絶対に負け惜しみじゃないからね!
てなわけで2日目は子供が大好きなズガニと晩飯のおかずになるハゼで起死回生。深夜のソコリを待たずに仕事終了。よかった~これで早く帰れるぅ~(*´ω`*)
てゆーかほとんど手ぶらじゃなくてよかった~

Pa090209
今回よかったのはメスがたくさん獲れたこと。これでもキープとリリースで選別してきたつもり。

Pa090213
濃厚な内子のメスもいいけど、大型のオスも肉の多さが魅力で本当に捨てがたい。特に爪肉は圧巻(スケールなりに)

Pa090210
ハゼは天ぷらではなく唐揚げに。この数を天種に捌くと軽く死ねるから。

| | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

たまにはタンパク質摂(獲)らなきゃ

植物やキノコばっかりじゃダメ。
たまには動物も追いかけないと。


美味しい動物って何だ?
そうだこの時期肝パンのカワハギがあるじゃないか!

Pb051582_2

というわけで先週、かつて通いまくった東伊豆の地磯に10年ぶりの降臨したら、ノースピローさん(キタマクラ)にボコられた。
とにかく奴らったらブッチブチにハリス切りまくって仕掛けをどんどん消耗させるのです。
よく考えたらまだ水温の高い秋磯ではないか。なんか目先の欲望に眩んで冷静さを失っていた気がする。
泣きぬれてふと傍らに目をやると、地元ではなかなかお目にかかれない良型カメノテがあるじゃん。
ミミズだってオケラだってカメノテだって、みんなみんな動物なんだ。
「来週のターゲットは君に決めた!」(来週かよっ)

Pb121583
伊東港にて休憩の図

だって引剥がしの道具持ってなかったんだもんww
今週は地磯回るつもりで機動性に優れるセロ子で来ますた。
幸運にもツーリング兼ねて出かけるには絶好の小春日和。
先週持ち合わせてなかったマイナスドライバーを携えて…(普通そんなもん持ってません)

Pb121593_2

本題から外れますが、先日セロー純正オプションのPRUNUSマフラーを装着しました。
新品同様の中古を15,000円という破格で入手。定価だと40,000円します。
特筆すべきは純正マフラーよりはるかに軽量な点。音は静かですが低音が強調されて気に入りました。
パワーは体感で1割増しってとこでしょうか。

Pb051581

Pb121589

波高いwwww
カメノテがあるのはこういう場所。しかも良型が付いているのは大波一発でもろ被りするデンジャーゾーン。上の写真で言うとテカテカ光ってる岩のあたりですな。
ええもちろん被りましたとも。
しかも靴はただのトレッキングシューズだし。

Pb121587

♫RIDE INTO THE DANGER ZONE(byケニー・ロギンス)
波打ち際へのヒット&アウェイ戦法を反復し、少しずつゲットするも…んん~やっぱりキツイwww
くそっ!ウエーダーがあればwww

Pb121591

もうダメポwww
目標のバケツ一杯に遠く及ばぬこの収穫(^^;)ナメきってた軽装が仇になりました。
ただのトレッキングシューズじゃ滑って危険が危なすぎるwwてゆーか大波来た時滑ってまともに逃げられないwww
他の磯も回る予定でしたが、きっと同じ状況かと思うとヘタレちゃったのでありました。

Pb121594
帰宅して3分ほど塩茹でにします

Pb121596

んまいwwwwww

以前にも書きましたが、貝柱とカニの中間的な味わいがたまりません。
見た目はアレですが食うとまた採りたく…もとい動物だから獲りたくなります。
やはり冬型の気圧配置が安定し、東伊豆のざわつきが収まった頃に行くのが吉でしょうか。

Pb121597

今回のもう一つの目当てだったわさび漬け。
伊東のマリンタウンで売ってるんですが、そのへんのスーパーで売ってる物とはまるで別次元のクオリティーで、わさび好きに超オススメ!
1パック100gで400円です。みんなで買って盛り上げよう!でも値上げしたらヌッ殺すよ!

| | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

サボってました(てへぺろ)

Ap7241417

ウナギ卒業宣言

もうウナギなんてやらないんだから!
やってもこんなのしか釣れないしwww
そりゃ子供はそれなりに楽しいかもしれんが、OSSAN的には真剣勝負で数揃えようと必死になってボウズというのは虚しすぎる。
聞くところによると最近じゃモジリにもろくに入らんそうですby地元のベテラン師。
何よりも家族分揃えるのが最大のプレッシャー。一本釣れたら何日も通う義務発生。そして通っても高確率でボウズ。

俺は今、趣味が仕事に変わる瞬間を見た。
こういうのを世間では挫折と言います。
せめて家族がウナギ好きでなければいいのだが…
嫁ちゃんは「私たちはいいから一人で食べなよ」と言ってくれますが…出来るわけねーだろそんな事www

Ap7301423

一方東京湾では、なぜか周期の法則を無視してタコが好調。しかも近場でキロオーバーがコンスタントに上がっているらしい。
やっぱ釣りは釣れなきゃ面白くない。

Ap7301421

ところが頼みの綱のタロさん号が改装中で、一昨年のように毎週末というわけにもいかず。
この日はマリーナ仲間の船を拝借しての出港でした。

Ap7301431

わざわざ借りてまで船を出してくれたタロさん、本当にありがとう!

Ap7301425

Ap7301433

キロオーバーは来なかったけど、短時間にもかかわらず500~900が8匹というなかなかの釣果。
愚息カニ男も2匹釣り、うち1匹は初めて完全自力で上げるという快挙(?)達成。
いや~~~やはりタコ釣りは最っっっ高に面白い!
味はさすがに飽きてきたけど最っっっ高に面白い!

てなわけで、かなり執筆さぼってますが元気にやってますwww
記事は記録として来年・再来年への役割を考えると、やはり残したほうがいいですな。
ただ毎年同じような繰り返しとなり、特に新たな発見や感動もない場合は張り合いも薄れるってもんです。

とりあえず夏は暑くて苦手www
早く高い所へ逃げたい。



Ap7301435
カニ男 男の勲章 (実はパニクって泣いたとか恥ずかしくて言えない)

| | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

美味しい魚おかわり!

さすがにアジ・サバは安定の美味さ。 とりわけサバを刺し身で食える喜びは、釣り人ならではの特権だと思います。
先週食った鯖の刺身は、かれこれ7年ほど前に平塚沖で釣ったのを食べて以来。まぁその時はゴマサバでしたから、関サバを除けばマサバの刺し身は初めてということになります。今気付きました(笑)

Pb070999

Pb071001

てなわけでタロさん号に乗せてもらいおかわりしに来ました。
釣れるうちに食っとかないと。あと出来れば大サバも釣りたい。
本日の同船者は次男坊カニ男とタロさんのマリーナ仲間のIさん。

Pb071000

船中一発目はカニ男先生が釣ったイシモチ。タナがやや底ベタだったようです。
わりと下魚扱いですが、型も良く塩焼きが美味いのでキープ。

Pb071003

少しレンジを上げたところで、再びカニ男先生の竿が曲がります。
いっちょ前にコンクエストなんか使いやがって(タロさんからの借り物)
しかし結構デカそうだな…

Pb071005

Pb071007
40クラスの大アジじゃねーかwwwダンカンこの野郎!

Pb071009
私にも大アジ来ました。ホッ…

食糧扱いなので正確な計測はしてません(笑)40をちょい切るようなアジです。
この他唐揚げサイズの小アジも釣れましたが、40アジ見て写真撮る気も失せてましたww
一応アジおかわり(大盛り)ミッション達成。

Pb071010
釣れた小アジの切り身を先針に付けたらカサゴおかわり達成。
こんな小細工に走るほどアジ・サバの食いが良くなかったのです。


Pb071011

と思ったらカニ男先生が前回釣れなかった合格サバを釣ってドヤ顔。しかし相変わらずパパには釣れない。
まぁなんだ…やっぱり道具の差って出るもんなんですねー(棒)

Pb071012

10時にすべての気配がなくなり沖上がり。船中での釣果は合格サバ2、大アジ3、カサゴ3、イシモチ4、小アジと小サバ数尾。
ビシによるコマセ釣りとしては芳しくない釣果でしたが、ご好意によりすべてウチのクーラーに収まることとなりました。ありがとうございますwww

Pb071014

寿司、シメサバ、煮付け、塩焼き、唐揚げで二日間にわたり楽しませてもらいました(^^)
今回サバが釣れなかった私としてはやや不完全燃焼。どうも水温が降下し始め、徐々にサバも遠のいてる様子です。
おそらく今週はなんとか滑り込みセーフの状況だったんでしょうね。私だけアウトだったようですが。
変わって上げ調子なのがカサゴ。来週以降はサバ餌のカサゴを主軸にしたほうが楽しめそうです。

| | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

オフショア下克上

面白いので再びマゴチやりました。
てゆーかやらせてもらいました。

Ap8090489

Ap8090484

5時半、毎度お世話になってるタロさんの船でHND沖へ。同船は我が次男坊カニ男だけ。
小5のカニ男君もあっという間にお年頃になっちゃうので、今回からマスキングを施すことにしたでございます。

Ap8090503

わかっちゃいたがめんどくせー。仕掛けのメンテからエサ付けまでお父ちゃんの仕事。
父ちゃんもまだ2本しか上げてないので、手返しが悪いとそわそわしてしゃーないのだ。
まぁ釣れてくれりゃいいが、コイツにマゴチのアワセが出来るかどうかね…

Ap8090486

6時半、父ちゃんに45cm来る。その後同様のサイズを追加。
よし。ここまで前回を上回るペースだ。この調子でどこまで数を伸ばせるか。

Ap8090488

カニ男にも来た。
小さいwwwが釣れてよかった(^^)
この帽子は米屋じゃなくてユニオンジャックなんだからねっ!

Ap8090490

カニ男2本目。てゆーか「本」と数えるほどじゃない小型www
小5の遊びにはお似合いのサイズかもしれん。もう少し大きいのを釣らせてやりたいがのう~

0837

8時37分、カニ男3本目。
ついに合格サイズ。やったな。父ちゃんは嬉しいぞ( ノД`)

0852

8時52分、カニ男4本目。
なん…だと…?

0933

9時33分、カニ男5本目。

お、おう……(  Д ) ゚ ゚

50は・・・・あるな・・・・うん

1003

10時03分、カニ男6本目。

<(^o^)>アーアー聞こえない


Ap8090504
外道のエイと遊ぶカニ男くん。


オイなんでやねんwwww


なんかね、父ちゃんアワセが早いみたいなの。
だが俺だって!俺だって!

Ap8090500

63cm 1.7kg

なんとか体裁を保つ初めての60up!
危なかったwwwwマジで危なかったwwww
そして超~~嬉しい!

Ap8090506

ハイ終~~~了~~~~!!


カニ男6 父ちゃん3




まぁそのなんだ…

釣りなんて数より大きさなんだからねっっ!

おそらく誰よりもこの結末を望んでいたのはタロさんだと思うww
古今東西、下克上は最高の構図ですからね。子供に花を持たせることができて本当によかった(^^)
おかげさまで今日は親子でいい釣りが出来ました。本当に感謝感謝!
なお帰宅後は捌き地獄が待っていた模様。

| | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

久しぶりにナマズを食った

羽田沖で70のウナギ釣っちゃったのは、パンドラの箱を開けたも同然。
面倒だが家族で食える量まで追加しないと。

Ap8020480

というわけでクソ暑い中、ついに封印を解いて河原に立つ。
しかしクソ暑い。本当にクソ暑い。だだっ広い河原なのに無風である。
冬生まれで人一倍暑がりな私にとってこれは地獄に等しい。
しかし釣りに行こうとうるさい次男坊のために辛抱する(^^;)

Ap8020481

早々にヒット。やりとりを次男坊に任せると、上がってきたのは食べ頃サイズ!

誰がウナギ釣るって言いました?


Ap8020482
これが

Ap8030483
こうなった

久々にナマズ食いましたが、まっっっっっっっったく臭くないです。
体表のヌルも捌いた内臓も臭くないです。ウソ!?こんなに優秀だったっけ?
身自体はあっさりしたもんですが、定石通り皮と身の間の旨味つーか脂はなかなかのものでしたよ。

てなわけでウナギに関してはスカ食らった釣行でした。
まぁウナギ釣りは猛暑日にやるもんじゃないねうんwww

よい子のみんな!もっとナマズを食べよう!
オレはしばらく遠慮しますが。

| | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

はじめてのマゴチ

すっかりキノコに取り憑かれてますが、ここへ来て夏キノコの勢いが衰えたので、久々に釣りしてきました。

Ap7250464

狙いは今が旬のマゴチです。
正直この魚にそれほど馴染みはありません。
まぁせいぜいキス釣りしてて釣れたと思ったら頭だけにされてコノヤロー程度ですが、今回ぜひ釣ってやろうと思います。

メンバーはちよさんと専務と私。そしてキャプテンは毎度お世話になってるタロさんであります。
今回よりタロさん号はキャビンなしの和船型となりました。祝・新艇!
全長も増加してワークスペースも広々。そして無限の動線。旧艇と比較して様々な可能性を秘めてます。
早い話がプレジャーボートから漁船にシフトしたようなものです。もちろんいい意味でね(笑)
そして何と言っても特筆すべきは4ストロークエンジン。まるでモーターのような力強さと静粛性を誇ります。
まぁコレ乗せてもらってるほうの感想に過ぎないんでなんともww
とにかく乗り心地もマイルドになり、疲れにくくなりました。ありがたい話です。

Ap7250465

ポイントはTamazon河口にあたるHND沖。私とちよさんはハゼの泳がせ、専務はルアーで挑みました。
仕掛けを静かに投入し、あとは船が流れるままに流していきます。
開始早々、うぉぉ~いきなり私の竿に反応あり!チョロいぜマゴチwww
いや結構重いです!ちゃんと生命感あるからゴミじゃないし!
とりあえず一本釣って同乗者をピキピキさせちゃおうかなっとwwww




Ap7250468

(つд⊂)ゴシゴシ

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ


(  Д ) ゚ ゚


Ap7250469

70cm 580gの良型ウナギwwww

ハゼでウナギですかそうですか。ってなんでやねん。
所変われば品変わる…じゃなくて、所変われば食うもの変わるですね…
普段ミミズやテナガエビしか馴染みがないもんで、これはちょっと衝撃でした。
まぁフィッシュイーターですから驚くこともないんですがね本当は。

Ap7250470

しばらくしてちよさんに本命!

Ap7250471Ap7250472

60にはチョイ欠けますが、デカイなオイ!wwww
マゴチってこんなにデカイのか!…というのが私のファーストインプレッション。
ずいぶん体高もあるし、これは刺し身にしたら何人前あるんだろうか?
薄っぺらい魚の印象が吹き飛びましたよ。いいなぁ~(;´Д`)ハァハァ
てゆーか今アンタ200円で買ったペナペナ竿で釣っただろ!?ふざくんなオイwwww
まぁ、なんだその…とにかくおめでとうね(#^ω^)ピキピキ

その後私にも強くひったくるアタリが来て大興奮!しかし乗りません。
ヒラメ同様にアワセのタイミングが難しいと言いますが、船が流されるので食い込ませるためにはラインを送り込むしかないのです。
とりあえず五里霧中に一条の光明は見えたぞ。あとは釣るのみだ。

…というところでアタリが止まって場所移動wwwクッソwwww

Ap7250473

根のある場所でタコやってみました。しかし誰にも反応なし。
去年大爆発のタコですが、なんつーかイマイチ気配がない。
「さてどうする?」とタロさん。つまりタコで粘るか、それともマゴチに戻るか。

「再度HND沖でマゴチお願いします!」

この時私はどうかしてると思った。
去年あれほど絶賛し、病的に熱中したタコ釣りが、今はどうでもよくなっているのだから…
てなわけでHND沖へ戻ることに。

Ap7250474

すると来ましたわwwwここに戻ってよかった~~

これは45cm。エサが小さなハゼだったので、食い込みもクソもなかったと思われます。
大きさは不満です。まぁちよさんのアレを見たらね…

そしてここまでルアーで頑張ってきた専務が、ついにエサ釣りにシフト!やっぱそうなりますか…
私も昔は一応ルアーマンだったんですがね、ルアーというのは致命的な欠点があるんですよ…
まぁ釣れりゃいいんですよ。釣れりゃ官軍オレスゲー。でも問題は釣れなかった時です。

「ルアーの選択ミスだったかも…」
「アクションが悪かった?」
「いやもしかしてカラーが不適切だったのか?」


どうしてもこんな疑念が脳裏に渦巻くのです。何故なのか?

答えは「ニセモノのエサだから」です。

本物のエサなら「今日は魚がいない」で自己完結。自然のせいにして帰りの車なんかサバサバしたもんです。
だってエサそのものですからねwwエサも食わなきゃ居ないと結論付けるのが普通ですから。
しかし悩むだけならまだいいです。ルアーの恐ろしさはこれらの不安要素を可能な限り排除しようとするところです。
一例として、全く同じルアーにナチュラル、アピール、ゴーストの三色揃えてしまう行為などは、不安要素の排除に他ならないと思います。
そして湯水のような散財の挙句、結局は実績のあるカラーのみを使い倒したりするんですなコレが。
使い倒すから実績が増える。実績の増加は確信を生み、自ずとアクションも丁寧になって「やはりコイツは釣れる」というスパイラルに陥るんですね~www
いやぁ~ルアーって怖いですなぁwww
もちろん聡明な選択で適切に楽しんでいるルアーマンも多数いると思います。
だからこれ私の体験に基づいた持論ねww

ルアーの最大の利点は速度ですね。
準備から手返し、撤収まで何をするにも早いのはさすがにルアーです。
まぁ上手く使い分けましょう(^^)

話が逸れてしまいましたが…

Ap7250476

2尾目来ました!
今度は40cm。んん~嬉しいけど不満ですね。まぁしっかりキープしましたが。
釣れりゃ面白いもんです。ただし前アタリに気づかず逃している魚も多いはず。
穂先の柔らかい竿のほうが違和感なく食い込むとのことですが、確かに200円のペナペナ竿で釣ってるしなぁww

【最終結果】
私:マゴチ2(45・40)ウナギ1(70)
ちよさん:マゴチ1(60未満)
専務:(´;ω;`)ウッ…


【今回のタックル】
ロッド:ラグゼ白刃
リール:スコーピオンDC7
ライン:PE1.5号
天秤:マゴチ用HNDスペシャル(タロさん作)
ハリス:フロロ3号1ヒロ
針:丸セイゴ16号


ちなみに専務は翌日も出勤して1尾仕留めることに成功。おめでとうございます(^^)
ちょっと竿をなんとかしたいな竿を。ありあわせの代用品ですからね。
今までシーバスロッドやら何やらで間に合わせてきましたが、観念して柔らかい船竿を検討する局面かもしれません。
まぁこの釣りは面白いのでまたやります。

| | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

ガサ花キャンプオフ会

8月最後の週末「ガサ花キャンプオフ会」を開催。
地元をはじめ川崎・さいたま・船橋から総勢7名+お子ちゃまが参加してくれました。
苦節6年(どこがやw)世界に誇る我が駄ブログもついにここまで来たかと感激もひとしおですwww
てゆーかブログ始めてもう6年になるんかい!あ~やだやだ。そりゃ歳取るはずだわ。

Gh008_5

Gh014_5

Gh013_3

で、実際には全員お子ちゃまだったというオチ。
もう川を目の当たりにするや否や、我慢できず我先に突入してはカジカをとっ捕まえておりましたからね。
早いよスレッガーさん!てゆーかみんな落ち着くんだwwww

Gh007_3

Gh015_2

Gh010

Gh011

最初は箱メガネーズの独壇場。
「なるほどこれか!」と納得したものの、箱メガネを持参しなかった私はマスク(水中メガネ)で代用。しかし水の侵入でまったく役に立たず。
ええ~いここはブログ主としてカッコイイとこ見せなくては。なんたってこのブログのサブタイトルは「自称アウトドアマンの狩猟採集生活」だからね。
そして晴れたり曇ったりのイマイチ気乗りしない天候の中「もう知らん!」とばかりに冷たい水の世界へ一番乗り。
潜りスタイルにシフトすると見えるわ見えるわwwww

Gh019

Gh018

水中を鮮明かつ広角的に見渡せる潜りは、やはり最強ですな。
ちょっとした岩さえあれば、その周辺でネチネチやって2~3匹ゲット確実です。
まぁものすご~~く浅い川なので、腹は擦れるわ首がつらいわデジカメの液晶画面は傷付くわでオオサンショウウオスタイルも楽じゃない。
しかし自慢気に言ってやりましたよ。
「う~む、やはり潜りは世界が変わるね(キリッ)」

Gh022

ここから老いも若きも一斉に潜りスタイルへシフト。
堰堤の滝壺ではニジマスがいたりして大興奮でしたね。
また水中だとデカく見えるんだなこれがwww
カジカも同じで、こりゃデカイ!と喜んで捕まえる→結構ガッカリの繰り返し。
これが不思議と学習しないもんでしてね、海でも毎年同じことやってますな。

Gh009

これはほんの序盤。中間発表に過ぎない画像です。
結構捕れるんだわこれが。
捕れるからみんな夢中になっちゃうのです。
ったく、全然戻ってこやしねー(^^;)

Gh026

Gh023

Gh029

カジカの骨酒。酒飲みの方々はこれを楽しみにしていたようですが、私にはご飯のおかずにしか見えません。
ヤマメは渓流マニアCさんが朝イチで釣ってきたものです。やるねぇ~(^^)

Gh027

Gh028

今回参加してくれたのはタロさん、ちよさん、亀将軍、あんず坊さん、ぴよぴよさん、もじゃ男さん&ょぅι゛ょちゃん(メッチャ可愛いんだこれが!)そして網の魔術師カニ男。
私の希望で集合写真を撮らせてもらいましたが、この写真はおそらく私にとって一生モノの宝になると思います。
ちなみに翌日になって「ぴよぴよ2号くん」と「ぴよぴよ3号くん」(ぴよぴよさんの御曹司二名)が合流。あまりのコピーぶりに一同ワロ…いえ驚きましたwwwww
子供ってなぜかお父さんにそっくりというだけで微笑ましいんですよね。不思議です。
人懐っこくてメッチャ可愛いかった!

ところでベースの対岸にクヌギがあり、これが気になってしょうがないガサオヤジ&ガサガキども(笑)がしつこく突入していたようです。私はほとんど行きませんでしたけどね。
特にもじゃ男さんですが、この人はバナナと焼酎を持参して幹に塗りたくるという、極めて都会的なセンスでなんとかしてやろうと頑張っていたようです(笑)
しかしよもやベースに戻ってから戦慄することになろうとは…

Gh025

Gh024
おわかりいただけただろうか・・・・

例のアイツです!アイツと言ったらアイツです!ヤマビルです!
改めてネットで確認してみると「一部の地域で生息」のエリアでした。
無防備にも川遊びのビーサンで歩きまわってたわけですから、そりゃ即チュウチュウされますわなwww
大人2名と子供1名が献血。まぁ大人は笑って済みますが、子供はちょっとかわいそうな気がします。
取り付いていたのは非常に小型のヤマビルで、一見ゴミと見分けがつかないほどです。
指で潰そうとしても、ブニュブニュしててなかなか潰れないダイハードな奴らでした。

Gh006

独特の燃焼音を伴って輝くランタン。そのやわらかな明かりで過ごす至福のひととき。
これぞ大人の時間でありキャンプの醍醐味ですね。
昆虫将軍のあんず坊さんを中心とした昆虫談話や、ちよさんの破天荒な体験談など、マニアックな話題で夜が更けていきます。
実社会でまったく通用しないような話、ともすれば変人扱いされるような事でも、ここでは好きなだけ聞き、好きなだけ語れます。





あぁずっとこのままでいたい・・・・




参加者の皆さん、夏の終わりに素晴らしい思い出を本当にありがとう!
またどこかでやりましょう!


Gh003




いやぁ~幸運にも雨が降らず日差しもそこそこの土日でよかったよかった(^^)
それと予定外の食材を持参してくれたタロさんに感謝感謝!
用意してくれた焼き肉とモツ鍋のおかげで、質素なはずのオフ会が華々しくなりましたからね(^^)
そうそう、もじゃ男さんが塗りたくったバナナの結果は、帰り道で次男坊カニ男が報告してくれました。

「ハエしかいなかったよ…」








おまけ
「奇跡の一枚」
Gh001

たまたま動いている瞬間を捉えてしまったようです。
どう見てもどこかの部族にしか見えないんですがwwwww

| | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

プチガサ活動あれこれ

ここ数日間の小ネタをザッピングでお送りします。


【クワガタ捕り】
Gh005

Gh007_2
Gh006

地元では温暖化の影響か、ヒラタクワガタの個体数が増加しているようです。
ヒラタもカッコイイですよね。正直私もヒラタ欲しいといえば欲しい。
しかし地元では完全に平野部のガサとなり、日中などそれこそ死んでしまいます(^^;)
それになんたってロケーションが良くない。
んなわけでついミヤマ捕りに、文字通り深山へ突入するのが毎年恒例となってます。
この日はまずまずの個体2匹キープし、木を蹴りまくった足が痛くなったところで打ち止め。
標高があるので外界よりマシなんですが、この日はかなりの猛暑でした。
でもまぁロケーションは最高ですよ。涼しげな鳥の鳴き声も聞こえて、山の雰囲気も捨て難し!



【ウナギ】
Gh001

帰宅してからは、冷凍保存しておいたウナギに着手。
よくよく見りゃデカイです。指三本サイズですね。まぁあとの2本はたいしたことありません。
ところでガサ仲間のCさんも地元のウナギが好調のようで、よく満足気に鰻丼画像を送ってきます。

20140726_154043

写メから転載。こんなんとか。
ウナギ名人のCさんは玄人はだしの料理人で、毎度手の込んだ調理を披露してくれますが、ことウナギとなると、不思議とドブ川で釣ってきたように見えて羨ましくないんです。
何でだろう?と思ってたら、どの画像も皮を上にした盛り付けであることにはたと気付きました(笑)
海なし県じゃこれが普通なのだろうか?んなわけないっす(笑)
これは本人も今になって気付いたという、ちょっとした笑い話です(^^)

Gh002

そしてこれはわが家のウナギ。いや~久々でした。
子供たちも天然うなぎ価値を理解しつつあるようで、これは食わせる側としてもやりがいがあるってもんです。
とりあえず、ウナギ釣りもこれで一段落した感がありますね。
今後はどうしようかな。とりあえず太いドバが採れるうちは通っておくべきか…
いろいろ辛いことも多いから考えちゃいますね。

Gh003



【アクアリウム】
Bgh002

次男坊カニ男が水の生き物に興味を持ち始め、ずっとプラケース+エアレーションで頑張ってきたのですが、見かねた私が45cmオールガラス水槽とLED照明をポチりました。
オブジェこそ子供水槽の典型ですが、水槽は立ち上げが肝心。元アクアリストとしてほっとくわけにはいきません。
アクアリウムからは足を洗うって決めたのに…

Bgh001

Bgh003

生体は、夜ガサで捕獲してきたオイカワ、シマドジョウ、ウキゴリの各稚魚と、ミナミヌマエビ。
水草は超低難易度のアナカリス(オオカナダモ)。しかも私がウナギ釣りでラインに引っかかったのを持ち帰ったものです(笑)
いざ立ち上げてみると、子供仕様とはいえアクアリスト魂が沸き上がってきて、気が付けば子供そっちのけで正規採用すべき水草を物色してたりと、ちょっとヤベー自分がいます。
オールガラス水槽とLED照明は本当に洗練された印象で、なおさら弄らずにはいられなくなります。
LED照明は光量不足が指摘されており、水草育成に最適ではないようですが、そのうちアナカリスなど取っ払ってミクロソリウム類やアヌビアス類など、比較的低難易度の草でアレンジしていこうと思います。
てゆーかこれ次男坊の水槽なんですがねwww
ダメだ…我慢できない(^^;)



【ゲンゴロウ】
Bgh004

夜ガサついでに休耕田を照らすと、ハイイロゲンゴロウを見つけました。
昔は学校のプールなんかにもいたもんですが、今はどこへ行ったやら。
もっともシーズンオフ時の学校のプールに侵入する手段もないので、確認のしようがありません。
今回久しぶりにお目にかかれたので、嬉しくてつい掲載。

Bgh005

カッコイイ…
本当に灰色のゲンゴロウです。当たり前ですが。
見つけたのが休耕田だから、やはり農薬に弱いのかもしれません。
ちなみにこれが人生初の捕獲だったりして…笑われちゃいますかね?
意外と住環境的に都会育ちだった側面もあるのですよ。あくまでも住環境的に…ですけどね。

では今回はこのへんで。
明日はヤマトヌマエビ狙いで夜ガサ行ってきます(^^)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧