山菜・木の実

2019年5月11日 (土)

もう投げやりに済ますウドガサ記事

Dsc_0121

Dsc_0117

Dsc_0126

せっかくウドガサの記事書いたのにまたフリーズでパーだwww
教訓:ココログ作成画面のアンドゥ(戻る)アイコンは押しちゃらめぇぇぇぇぇぇ!!
てなわけでもう嫌になっちゃったから、今回は画像だけ貼っておしまいwww
まぁ消えた文章を要約するとですね、やや標高あるポイントへ行ったら時期がかなり遅れてて、結構な収穫あったということですわ。
んでいつものきんぴらついでに天ぷらにしてみたら、これまたウコギ科らしい香ばしくコクのある美味さだったと。
ほんとダンカンこの野郎ふざけんなよココログ!(笑)

Dsc_0128

話のついでですが、バイク屋さんの奨めでセロ子('08セロー250 走行19,000km)にWAKO'Sのフューエル1入れてみたんです。
するとなんつーかこう…吹け上がりが軽くなってスロットルワークが思いのままなんですよ。
もう楽しくて楽しくて意味もなく箱根に走りに行っちゃったり…まぁ箱根ったってウチから30分ほどなんですけどね。
「おまえ今頃かよ」と笑われそうですが、今までガソリン添加剤なんて眉唾モノだと高をくくってましたからね…ホントにすいませんでしたwww
調子に乗って通勤用のアドレスにも投入したんだけど、確かに良くはなったけど劇的な改善は体感できませんでした。
こっちは普段回し気味に走ってるからセローほどカーボンやら何やらが溜まってなかったのかもしれませんね。

私のセロ子も、走行距離こそ大したことありませんがもう10年経過です。
次はCRF250RALLYかなー?なんておぼろげに考えていたら、あっちは軽く70万超えwww
たかが軽二輪に70万超はちょっとねぇ…こりゃ次もセローかな。林道での足着きは大事ですからね。衰えゆく体力も考えないと。

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

はかせと行くタラノメガサ

Dsc_0091_1

はかせが秘密のタラノメポイントを教えてくれと泣いてせがむもんだから(ウソ)久々に連れ立って行ってきました。
思えばもうず~~~~っと単独ガサ。だって山に入ると必ずバラバラになるし意味ないんだもんwww

Dsc_0100_1

おそらく私しか知らない新しい林道。徒歩のみアクセス可なので、道沿いの株も採取痕なしのヴァージンロード。
林床もそこそこの日当たりで、茨と戦って藪漕ぎすれば相当な量になると思う。
さ~ていっちょ藪漕ぎ頑張りましょうかはかせ!

Dsc_0092_1

はかせ「えっ!?藪漕ぎするの!?」

ワイ「そりゃそうですよ当たり前でしょww」

はかせ「オレ普段から林道脇専門なんだけど…」

ワイ「えっ!?」

はかせ「えっ!?」

20181011_0916_53489

ちょっとしたカルチャーショック。まさかこの世に藪漕ぎしないタラノメハンターが存在するとは…
いや気を取り直して行きましょうwwよく見りゃ藪漕ぎの格好じゃないですはかせ。
じゃあ強要するのも酷なので、要するにはかせは道沿い、ワイは一段上の藪と棲み分けりゃいいんですねわかりました。

Dsc_0104

まぁ採れるわ採れるわwww
茨の藪漕ぎはキツめだけど(多分服脱いだら傷だらけ)一旦藪に突入するとまた上にあってさらにまた上に見つけちゃうかっぱえびせん状態。
一方のはかせは…

Dsc_0098_1
カニ男になっていた

100均のマジックハンドで寄せて、高枝切り鋏で採取するカニスタイル!
いやタラノメは折るもんでしょwww
よく切られた先っちょ見かけるけど、今日犯人わかっちゃいましたわwww
さすがに林道沿いのみでは収穫も少ないので、時折藪の中からタラノメ投げてあげました。さるかに合戦かい。

Dsc_0105_1
ご満悦の表情で林道を行くカニ男はかせ

時間の制約もあって1Kg弱で打ち止めにしときましたが、その気になりゃメチャクチャ採れるねここ。
高枝切り鋏での採取は異論もあるでしょうけど、競争率激しい林道脇の高木への苦肉の策だそうです。
もちろんさすがに手の届く株は折って採取してましたからね。
タラノメの保護については私も若干神経質でしたが、庭に植えてみて解ったのがものすごい繁殖力です。
その他暗い林床で伐採されるまで休眠する種子とか、想像以上に逞しいですよタラノキは。
はかせのスタイルで感心したのが、本当に家族で食う分だけ節度を守って採っていたこと。
さすが私より年上で大人なはかせ。これには貪欲な自分のスタイルを猛省せずにはいられない!すんません今ウソ言いました。
まぁそんな感じでテキトーにフォローして今回は終わっときます(笑)

ともかく「相棒」と山菜談義しながらの山歩きも楽しいもんですな。
はかせもヴァージンフィールドに喜んでくれたし、異文化も目の当たりに出来たしwww

Dsc_0094
はかせは私が採らないゼンマイも採ってました。
干したりせず重曹でアク抜きするだけで食えるそうです。知らんかった。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

ふえるたらちゃん

Dsc_0064

ま~た今年もやってもーた

先週末まで寒かったから「まだ大丈夫!」と高をくくってたらご覧の有様。
のっびのびやん。

Dsc_0065
まぁかろうじて…

まぁええ。多少伸びても歩留まり上昇。味もさほど変わらんし(負け惜しみ)
自宅から10分のここは標高は大体200mぐらいかな。
「タラの芽然」としたヤツを狙って標高を上げようとも思ったけど、20分も仕事したら袋がいっぱいになってしまった。
そりゃそうだ。摘むごとに軒並みデカイんだもの(笑)
1ヶ所だけで終えるのも面白くないので別のポイントへ。

Dsc_0075
オフ車ならではの獣道突入

Dsc_0072 

日当たりが不十分なところはこの程度。
味も変わらないなら、もうちょっと成長してからのほうがいいなぁ。
「ふえるわかめちゃん」ならぬ「ふえるたらちゃん」のほうがお得やん?
まぁ今回は増えすぎて不格好だけどね(笑)

Dsc_0074
おいおい何だこりゃ!

枝分かれして高く成長した株を切り倒して、芽をすべて収穫するという荒業。
あのなぁ、高くて届かないからって切るか?そこまでして食いたい?
タラなんぞ探しゃどこにでも生えてるだろうがっww

Dsc_0078
う~んこの…

かくして今年も出遅れてしまった私だったが、久々の藪漕ぎはそれなりに楽しかった。
まぁタラの芽は2回も食えば飽きるのだが、ポイント探索が楽しくてついやっちゃうんだな。
また春の山の雰囲気がいいんだコレが(^^)生命みなぎる新緑と爽やかな鳥の啼き声…たまらんね!
でも山菜追っかけるのはそこそこにして、今年は別の趣味に割り当てようかと思ってる。キャンプとかキャンプとかキャンプとか。

| | コメント (2)

2019年3月 2日 (土)

いまさらフキノトウ

実は先日のキャンプで主催者のはかせが往路で財布をなくすというアクシデントがありましてねwww
いや私もキャンプ帰りに同じ経験あるんで気持ちは痛いほどわかるんですが、とりあえず現金をお貸ししました。
すると返す際に手製のふき味噌が利息代わりについてきて、食ってみるとこれが結構美味いじゃないですか。

「週末のターゲットは決まったぜ」

というわけでかなり今さら感のあるフキノトウを採ってみた。
いつも4月に気を取られていて、早春のコイツなど完全スルーしておりました。
「そのへんにあるもの」の代表格であるセリやフキって、イマイチ食指が動きません。
しかし初めてふき味噌を食い、そのほろ苦さに心が動いたのであります。
やはり山菜系はアクや苦味や香りあってなんぼですからね。これはアリだと。

Dsc_0031
アレwwww

いやこんな伸びちゃってて…どうなのかな?www
い、いや、山菜なんてほら、多少アクとかえぐ味があったほうがいいじゃん??
などと無理やり自分に言い聞かせ、若干負け犬気分で採取。
てゆーか出たばかりだとほとんどガクだし歩留まり悪くねーかこれ?

Dsc_0032

このくらいが理想なのかね?
まぁこんなのは2つか3つほどしか採れなかったけど。

Dsc_0034

ネットのレシピを頼りにふき味噌を作ってみた。
はかせのは多分胡麻が入ってたので、私も胡麻を入れて真似してみる。

Dsc_0036

うん。フツーに美味いね。フツーにご飯泥棒。
味付けの修正も簡単だし、まず失敗しない料理法だと思う。

Dsc_0035

天ぷらもやってみたが、苦味はなかなかよろしい。
ただしタラの芽のようなコクはない。やっぱこのへんは「草」という感じがする。
気になったのは後味がちょっとエグい。これは伸び具合のせいかもしれないが、蕾状のものもあまり差異は感じられなかった。

もともと食味に秀でた山菜というより、季節感を楽しむ食材として認識されている感があるからこんなものかね。
ただしふき味噌は保存も利くし、エグ味は味噌で消されるので、やっぱこれが一番でしょうな私的には。
あと土壌によって味が変わる可能性もあるので、このへんは今後の研究課題だと思いました。おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

マターリソロキャンプ

山菜も実質先週で終了。

P5141762

P5141761

P5141770

先週末、1,200mラインのコシアブラを遠征ガチ登山で採ってきました。
開き具合ギリセーフの収穫は800gで、人にあげた分以外は湯通しして冷凍保存です。
この日はウドサンクチュアリも発見して、伸び気味のウド(きんぴらフリークには垂涎モノ)も収穫。今年はこのフィールドでかなり楽しませてもらったなぁ。

P5201793
本栖湖畔にて

山の獲物も一段落したので、今週はふらっとソロキャンプしてきました。
ただ心配事が一つ。最近我が相棒のセロ子(ヤマハセロー250)の調子が悪く、排気は生ガス臭いしアフターファイアーも出まくりで、どう見ても燃料を過剰に噴いている模様。
通常33km/Lを下回ることのなかった燃費が12km/Lまで落ち込んだと来りゃー、能天気な私もさすがにブルーですよ。
最初はマフラーを変えたのが原因かと思いましたが、ノーマルに戻しても症状は変わらず。プラグやエアクリを交換しても同じ。
どうもインジェクション自体に異常が発生している?ようで、バイク屋さんも珍しい事例に首を傾げる始末。
現在は燃料調整モード(計器ボタン長押しで入る裏コマンド)を最小値に設定し、なんとか燃費が倍近くまで持ち直しましたが、根本的に直ってないので来月中旬を目処に入院させる予定です( ノД`)

P5191778

さて行ってきたのは本栖湖キャンプ場。柔らかな木漏れ日が素敵なお気に入りのキャンプ場です。
当初精進湖で富士山見ながら過ごしたかったのですが、雲に隠れて見えなかったのでこちらにしました。
今年はもう少し遠くへ行きたかったんですが、可愛いセロ子が病気なので遠出は控えることにします…
テントは5,000円のNothEagleソロからmontbellのクロノスドーム2型に新調。
5,000円テントも値段の割に悪くなかったんですが(尼レビューは大好評だが現在は廃番)やっぱ狭いもんは狭い。悪く言うとカプセルホテル?死体安置所?そんな感じ。
今回から広くなったのはもちろんのこと、軽二輪に優しい1.2kgの軽量化で、ぼかぁ地味に嬉しいのです。

P5191773

手放せないコールマンの座椅子とインフレーターマット。そしてイスカの枕。
ソロキャンに革命を起こした三種の神器です。
願わくば座椅子がもっと軽量化されれば大喜びなんですが…贅沢言いませんからフレームを超々ジュラルミンにして仕舞寸法も小さくしろくださいおながいします。

P5191779

鹿番長のテーブルもグラウンドレベルからロースタイルへアップグレードだぜ。
右上の針金のような物体Xは、そのうち自慢げに紹介しますが自作のランタンスタンドであります。
そして家で(嬉しがって)使いまくってたスベアも、華麗に実戦デビューです。


……が!


早くもコイツの弱点が露呈。
てゆーか結果的に今回の鬼門だった。


とにかく風に弱い。

ほんのそよ風でヘタレる。

P5191783
たまらず前室へ退避させるも、僅かな隙間風で煽られる。たまらずジャケットで隙間風対策。

今回のメシはステーキ。ナメてかかった私も悪いが…

①ジャガイモを茹でる
②飯を炊く
③肉を焼く

の段取りが遅々として進まないwww
おそらく全国の、いや全世界のスベアファンに叩かれるであろう。
「風防を用意しなかったお前が悪い」と。
しかし敢えて言おう。ワンバーナーでこなすには明らかに火力不足であると。
あと何と言ってもスピードが要求される場面ではプレヒートが足を引っ張るし、タンク容量も不足。やはり実用面でコールマンに勝てない模様か。
あれだけ絶賛したスベアも、このままでは情緒的なネタ装備になりかねない。
こりゃ風防がどれほど効果的なのか、一度自宅の庭でテストしてみようと思います。
ただあのペラペラで落ち着かない風防…大嫌いなんですよねwwしかもテーブルの上で使うとなるともうね…

P5191785

難航の末に辿り着いたステーキ。その辺で摘んだウドの芽を付け合わせにしてみました。
右上に小瓶が2本あるでしょ?右がプレヒート用のメタノールで、左がワイン。

間違えてメタノールぶっかけちゃったwwww

いや同じボトルだったもんでwww

とりあえずメタノール摂取はヤバイので、ひたすら「飛んで」くれることを祈りましたww
確かメタノールの沸点70℃ぐらいかな?まぁとにかく無事に飛んでくれてよかった。うん。今生きてるし。

P5191789

すったもんだが終わり、いよいよマッタリタイム。やれやれです。
いや今回は本当にすったもんだしました。最も悔やまれるのがステーキの焼き加減ですね(そんな事かいっ)
私はミディアムレアが好みなのに、火力が上がらず弱火でじっくりになってしまったので全部ウェルダンに…

ウェルダン=WELL DONE=よく出来ました

いやいや全然よく出来てないから。
こんなほろ苦い失敗も、次回以降の糧になることでしょう。

P5191790
montbellのロゴかっちょええんですけどwww

P5191787

焚き火でもしようかと思ってたんですが、ぼかぁテントに潜り込んで過ごすのが好きなのでやめました。
このテント気に入りましたよ。設置簡単だし、基本引き綱も要らないし、ベンチレーションも優秀だし。
そして風対策ゆえの天井の低さ。私は天井の高いテントが嫌いで、文字通り「潜り込むようなテント」が不思議と落ち着くんです。
多分母体回帰効果でしょう。以前にも書きましたが、子供の頃押し入れに入った時の妙な安堵感と言えばわかりやすいでしょう。私の前世は猫かもしれません。
シュラフに入って極低音量でラジオを聴いていたら、22時半頃自然に寝てしまったようです。

P5201792

翌朝は6時過ぎ起床。今回もインフレーターマットのおかげで朝まで熟睡できました。
敢えて短所を挙げるとすれば、地べたに寝てる感覚が薄れるという点ですかね。この際どうでもいい短所ですが。
残り飯でいつもの鮭雑炊。それからゆっくりと撤収作業です。

P5201794
晴れ渡る空に富士山。今度は嫁さんと二人で行きたいな。

| | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

僕はコシアブラストーカー

あ~もう三度目になるのか。
連休初日、再びコシアブラ遠征。依然として探索の楽しみが続きます。

Ap5031710

出だしの800m地点で一発目。いい感じに伸びています。そろそろまとまった量を収穫したい。
しかしこの山の地形を含め植生や環境はまだまだ調査途上であり、どうにも探究心が収まらないので、今日は鉄板の稜線ルートではなく、明るめの杉林の林床を茨と格闘しながら標高を上げていくことにしました。

Ap5031711

ところが一発目以降、見つける株はすべて「蕾」のまま。
まだ早いのか…?
山深い故の手付かずの美しいタラ畑を見つけてヒャッハーしとりましたが、外道の入れ食いになんか複雑な気分(笑)
明るい杉の林床と言えど、どうも日照量で劣ってしまうようです。
その点タラは元気というか逞しいもので、気が付けばキロ近く蓄積されてます。

杉林の低ポテンシャルを悟り茨との戦いから離脱。道なき急峻な斜面を登りきって一旦1200mの登山道へ。
そこから稜線ルートを下り、1050mあたりでようやく本命の収穫がスタート。

Ap5031712

Ap5031713

すでに時刻は14時なので、パスタ用の分だけ摘んで下山。
ワシゃ~コッシーパスタが食いたいんじゃぁぁ~~
日当たりのいい稜線はこんな食べ頃のコッシーばかり。まるで別世界ですな。
最初からここを目指すべきだったか?否、探究心を満たすために費やした時間は無駄ではないのだ。

Ap5031714

外道のタラはすべて親戚へ提供。喜んでました。
一度コシアブラを標的に見据えると、あ~ら不思議。タラの芽の太さや棘が下品に見えてきます(笑)

Ap5031715

ようやく今年も大好きなコッシーパスタ。
嫁に「この山菜だけは歓迎」と言わせしめたレシピ。
ペペロンチーノの要領でコンソメとバターで味付けしてます。

| | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

一人じゃないって素敵なことね

P4301680_2
次男坊カニ男とバカ話しながら山歩き。
おかげさまでカニ男も中学生になりました。

P4301681
ウドだぁー

P4301682
ウドだぁー

P4301685
ウドだぁー

P4301686
よし掘るんだカニ男!

P4301690
DIG IT NOW !!

P4301689
うぇ~いwww

P4301696_2
よしウドはもういい。今から貴様は奴隷だ。

P4301697
一人でやるのと大違い。こりゃええわwww

P4301695
山椒うぇ~いwww早い早いwww

P4301698
ただいま~。何はともあれウドの泥を落として…

P4301700
オラさっさときんぴらにするんだ!


かーちゃんのきんぴらは世界一うまいです。
ありがとう浜村淳です。

| | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

コシアブラ一応入荷しましたぁー

大型連休初日は、先週に続いてコシアブラ。

P4291658P4291661

と言っても私はカレンダー通りですが…
先週の斥候から一週間経過で、標高の低い場所はようやく採取できるレベルまで開いてきました。

P4291659

教科書でよく見る伸び具合ですね。採り頃かもしれませんが、ぼかぁもうちょい開き気味が好き。

P4291662

一方1000mラインではこんな感じ。
もう一週間+αでちょうどいい具合でしょうか。

P4291665

さて、メシにしましょうかね。

P4291670

P4291672

今流行りのウッドストーブを持ち込んでみました。ネイチャーストーブとも言いますね。
火おこしはコツが必要で、葉っぱ→小枝→中枝→太枝の順番でタクティカルリロードしないとなかなかファイヤーせずメシにありつけません。ま、焚き火の基本なわけですが。
今回はぶっちゃけネタ装備なので、山行ならアルコールストーブでも携行したほうが断然いいっすよ多分。アルコールストーブ持ってないけど。
ちなみにコッフェルは高校の時に使用していたウン十年モノ(言いたくないね)。

Adsc_2421

ちなみに本気でやると結構イカしたファイヤーします。
ただしクッカーは煤や樹脂で真っ黒けになっちゃうの。

Adsc_2484

真骨頂は炭入れてお一人様七輪にした時です。これが笑っちゃうほど適材www
オマエは使えるのか使えないのかどっちやねん?的な奴が、いきなり偏差値75ぐらいの優等生に変貌します。
しかもUNIFLAMEのミニロースターの焼き網が半固定できるんだなこれが。
これ尼で1,600円ほどの中華製ですが、スタッキングも優秀だし、ソロキャン時は五徳外してプチ焚き火台にもなるし、かなり遊べるアイテムだと思います。
二次燃焼の炎は眺めているだけで結構楽しいものなので、私はオススメします。

P4291676

まだまだハシリなので収穫はこんなもんしかありません。
ヒャッハー状態になるまであと1~2週間ってところでしょうか。

今回は天ぷらにしようかな。



天ぷらか・・・・・う~ん

| | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

初見ポイントの探索ほど楽すぃぃことはない

        ______
      /  \    /\  もう出てるかな? 
    /  し (>)  (<)\
    | ∪    (__人__)  J | 
     \  u   `⌒´   / 
    ノ           \ 


        ______
      /  \    ─\   チラッ
    /  し (>)  (●)\
    | ∪    (__人__)  J | 
     \  u   `⌒´   / 
    ノ           \ 


Adsc_2498

        ______
      /::::::─三三─\    ・・・・・・・・・
    /:::::::: ( ○)三(○)\   
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | 
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ 
    ノ::::::::::::  `ー'´   \



こんにちはいちろーたです。
週末はわざわざ遠出してコシアブラの様子を見てきましたが…うんダメですねwww
去年の経験からするとちょうど今頃がベストのはずだったんですが、標高800mでこんなカッチカチ。

Adsc_2494

最速でこの程度。こんなのもごく少数で収穫する気になりません。
ましてや1000超えると、もう半月ほどかかるのではと思うような冬景色に近い状態。
結局コッシーは一切採らず、途中で見つけたウドとタラの芽を少々…

Adsc_2499

やはり今年は一週間以上遅れている感じです。
しかし!地元以外の未知の山は探索が楽しくて楽しくて…(^^)
急峻な斜面をトラバースして隣の尾根へ行ってみたり、杉林の林縁沿いに登ってみたり、なんだかんだで800~1100mラインをウロウロしながら大いに楽しんじゃいました。

Adsc_2500
帰宅間際の近所でワラビをガッツリ摘むという保険




翌日は地元箱根外輪山800mラインで山椒をチェック。

Adsc_2502

山椒ごときでいきなり800mというのもアホですが、ここ以上に潰しの利く群生地を知らないのであります。
当然写真の如く収穫に値しない状態でした。ええなんとなくそんな気がしてましたよ。
だが先日からエンジンの不調に悩んでいたセロ子が、ちょいとインジェクションの設定を変えただけで元気を取り戻したのが嬉しかったのです。

Adsc_2507
嬉しさのあまりこんな道に突入したりして

Adsc_2508
久々のフルバンク停車

まぁ収穫自体は大したことない週末でしたが、コッシーの山はまだまだ探索が楽しめそう。
幸か不幸か収穫の時期も遅れて、GWにばっちりカブってくるのは嬉しい誤算と言えるでしょう。
なおかつバイクを走らすに気持ちのいい季節の到来です。
連休中に暇をもてあますことなく山で遊べるなんて幸せ(//∇//)

| | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

ちょっと油断してたら…

出遅れましたww

Adsc_2458_2

Adsc_2472

今年はまだ早いだろうと高をくくってたら、近所のタラはすっかり伸びてました。
私はさほど気にしませんが、おかげですぐにキロ超え。右端のはハリギリです。
じゃあ次回は標高上げて頑張ろう!と例年ならそう言ってますが、今年はタラの芽に対する執着心がかなり薄れました。
そろそろ天ぷらがキツイお年頃というのが主な理由です。
なんて言うかこう…嫌いじゃないんだけど、タラの芽見ただけで胃の辺りがムカムカするようになってしまったのです。

Adsc_2474_2

今回初めて試してみたハリギリ御飯。
当然ながら去年食べたコシアブラ御飯より青臭い風味ですが、あまり印象に残らない味なのは何故だろう?
もちろん悪くはないです。この風味に慣れてしまったのだろうか?いやこれはベースの味付けが悪いかもしれん。

Adsc_2475

翌日の昼食でハリギリパスタ作ってみました。
ペペロンチーノの要領に少々コンソメ加えただけのシンプルなレシピです。
ぼかぁ~こっちのほうがいいですね。これは美味しいです(^^)
ちなみにハリギリ御飯もパスタも、下処理は1分ほど湯がいただけです。

Adsc_2478

Adsc_2479

ハリギリパスタ食っての出撃は、根気よく地道な作業を強いられる山椒ガサ。
私は去年から山椒の虜でして、これを佃煮にしてちりめん山椒で食べるのがたまらんのです。
しかし山中でせっせと茶摘娘になるのはかなり地味な行為でして、しかも加熱すると水分飛んで縮むためたくさん採らねばなりません。
後々のことを思えばそれなりに気合も入りますが、さすがに集中力も持続しません。
こんな時はラジオ聞きながら気を逸らすのが一番。ラジオはジジィの友なのです。



82_2

(おわりかいっ)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧