キノコ

2019年7月 5日 (金)

ヤマドリタケモドキ絶賛爆発中!?

なんじゃこりゃーーーー!!

Dsc_0154

……と思ったら、ここだけだったというオチwww

Dsc_0159  

あとは単発を拾い歩き。さっきの場所は何だったんだ?
夏キノコ開幕したのはいいけど、雨が多いせいか虫の食害も酷い。
「うひょひょ~♪」てな勢いで軸をつまむと、ほとんどスカスカでワロタ。

Dsc_0156
ヒメアンズタケ(仮定)は絶好調のフェアリーリング全開。採らないけど。
以前ここでヒメアンズタケ美味いよおじさんに会ったことある。

Dsc_0160
ナラタケモドキ。上は古すぎ下は小物すぎで採らず。

Dsc_0161
アカヤマドリ。これは傘目当てに採取。本当はもうちょっと育った奴がベスト。

Dsc_0175
というわけでヤマドリタケモドキは軸のしっかりしたものだけを採取。まぁパスタ家族分なら十分でしょう。

Dsc_0176
…と思ったのも束の間 なんだこりゃひでーぞ!

Dsc_0177
Dsc_0179

う~んほとんど使い物にならんわ。
まだ若いアカヤマドリの傘にさえ虫喰ってるし。
私は少量なら虫(キノコバエの蛆)など気にしないが、こりゃ昆虫食で栄養ついちゃうかもしれません。
キノコバエは小さな巨人です!(いらんわ)

Dsc_0180

無事なものだけマヨチーズ焼きにし、アカヤマドリの傘はバターソテーで食った。
今回はまだまだ序盤。多分来週はヤバイこと(大爆発)になってる予感が…
まぁとりあえず夏キノコ開幕。すっかり生き物系記事がなくなってアクセス数もガタ落ちの駄ブログだけど、構わずにこれからも好きなようにやっていきますわ~

| | コメント (11)

2018年11月 3日 (土)

続・イボセイヨウショウロ

うん。思っていたよりずっと良かった!特に再現VTRの出来。
台本見た時点では「なんかショボそう…」てな印象だったのが、演出と役者さんの演技力でここまでに仕上がるなんて、さすがプロフェッショナルは違うなと。
一番嬉しかったのは、自分の経験談が何人ものプロフェッショナルによって映像化されたことですな。
結構見た人がいたらしく、翌日は社内でも多くの人が声を掛けてくれたり、また疎遠になった友人から電話をもらったりと、賑やかな一日となりました。


さて本題。
前回臭い臭いとディスった国産黒トリュフこと「イボセイヨウショウロ」。
使い道に困ると思いきや、慣れてくると洋風料理に結構合うことがわかってきた。

Apa270643
わかりはじめたマイレボリューション

スライスして空気に触れると、例の「青海苔セメダインの臭い」が抜けてキノコらしい風味が前面に出てくるではないか。
その風味も普通のキノコとは一線を画す独特で不思議な魅力のある香りだと思う。これぞトリュフの香りなのだろうか?
悲しいかな貧乏人。本物などろくに食ったことないので判断のしようがないのだ。
急遽2nd 3rdを狙って他の公園を当たってみたが、今度はまるで見つけることが出来ない。
探す場所が悪いのか、トリュフに対する眼力が未熟なのかはわからんが、とにかく見つからなけりゃつまんないやね。
そもそも暇つぶしにふらっと寄った公園で、いきなり大物GETが初物なんてフロックもいいとこ。甘々なのよ。
今日は公園をやめて普通の雑木林を捜索してみたのだが、結果ようやく発見に至った。
やはり正攻法が妥当か。それなりに手間はかかるけど。

Apb030646

Apb030644

てかこれなんなの?
根っこがあるわけじゃなし、地面に転がってるだけちゃうん?
それとも目に見えない微細な菌糸とか張り巡らしているのだろうか。なんちゅー不思議なキノコじゃ…

Apb030647

すごく……小さいです!

こりゃ初回がデカすぎたなww
あのイメージで探してたら見つからんわコレ。
この小ささに警戒するあまり、豆粒大のを見つけてつまんだら鹿のウ●コだったという一幕もww

Apb030650
少量ながらなんとか確保

Iks

半分欠けてるアウトレット品もあるけど、もしかしてイノシシの食い残しか?(=残飯)
とりまワンポイントで使うキノコだし、たくさん採れても使いきれず腐らすのがオチという負け惜しみなんか言ってみたりして。
しかしこのキノコ、あると判れば思っていた通り探すのが楽しい。
だが比較的シーズンが長く、発生場所も様々な可能性をはらむという点では、はっきり言って時間泥棒でもある。
色形からしてわかると思うが、目を皿にしてじっくりネチネチ探すしかないので、ハズレの場所を選んだら即座にドツボin。それを覚悟の上で頑張るしかない。
まぁシロを見つけたら儲けもの。それもわがまま言えばご近所で散歩がてら見つけるのが理想ですな。んな上手くいくかい!

| | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

イボセイヨウショウロ

いわゆる国産黒トリュフ。
次男坊の部活の大会が終わるのを待つ間、暇つぶしに付近の公園を探したところあっさりと発見。

Pa210630

Pa210631
かなりの大物

Pa210634
カッコイイ!

仲間からもらったことはあるが、そのうち自力で採取しなければと思っていたキノコ。
このキノコ、重量感といいマス感といい最高にカッコイイと思う。
例えるならガチッとしたクロカワを採取したときの喜びに似ているかな。

Apa210642

Pa210639

どうよこれ?スライスするとさらにカッコイイでしょ?
ビジュアルはまさにトリュフ。貧乏だからろくに食ったことないけどトリュフ。


…しかしだ!


このキノコを美味いと言って喜んで採る人も結構いる。
実際仲間の一人もこれがたまらなく好きだと言う。
だが私はどう贔屓目に見ても、例の溶剤+青海苔的な匂いを肯定できないwww
この匂いは何度嗅いでも磯の香。野山では場違いな不思議な匂い。
仲間からもらった時はトリュフオイルなど作ってみたものの、どうも香りが弱くて決定的な使い道がないまま廃棄してしまった。
従って今回、用途のビジョン皆無ナリ。
ただしステルスキノコ故に探し当てる楽しさは大いにある。が、私にとって今はそれだけ。

採って楽しいが人を選ぶこのキノコ。
見た目がカッコイイだけに使わないのはもったいないと思うのだが、さてどうしたものかのう…

| | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

ナッシング バット ナラタケ

今週は迷いに迷った。

①ヌメリスギタケモドキ再チャレ
②ウラベニホテイシメジ探して甲府盆地へ突っ込む
③あるいは手を付けてない伊豆なんか行っちゃったりして

①②はもう時期的にアレだけど可能性はまだある。しかし散々悩んだ末に新たなときめきを求めて③を選択した。
てなわけで新規開拓に備えてしっかり目覚ましをセットし、早めに就寝したのだが…

20181013_2109_38917

俺氏仕事の疲れに勝てずwww
テンションダダ下がりで朝飯を食い、さてどうしたもんかやめちゃおうか…なんて考えながらも結局は到着。箱根越えは寒かった…

Img_20181013_212037

出発時間が遅れた分、場所は伊豆半島の付け根あたり。
衛星写真でテキトーな広葉樹林にマーキングし、スマホのナビで辿り着いてみればブナの原生林であった。

Pa130605

だがブナ林あるあるの鬼のような笹地獄www
いやこれはあるあるの度合いを超している。今まで見てきたブナ林はもっとマシ。
道はあるものの樹木の密度が薄いのがなんとも頼りない。とにかく笹ばっか。

Pa130602

Pa130604

時期が悪いのか笹が悪いのかわからんが、腐生菌のナラタケ(しかも古め)をちょこちょこ見かける程度で、菌根菌はまったくと言っていいほどナシ。
辛うじていつでもどこでもキノコのベニタケが出ている程度。んん~入った場所が悪かったか。

Pa130610

Pa130611
唯一新しかったキツブナラタケと思われるものをキープ。

Pa130612

Pa130613
ウスヒラタケもあったが単発すぎww

今は時期的にナラタケが精一杯な気もする。またナラタケか…
キノコを始めた頃はナラタケでも感動モノだったが、今となっては壮大に群生していない限り普通種で、むしろ負けキノコ扱い。
出来ればコナラやクヌギ、ミズナラ系の森を見つけたかったが…とはいえナラタケも食ってみると結構美味いんだよね(^^;)

衛星写真と植生図で検討を重ねる作業に戻ります。

| | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

ジレンマ葛藤自己暗示

Ap9300584
さようなら今年の松たけ子…
最後の炊き込みの味、忘れないぜ。


Pa060586_2

Pa060587

さて心置きなく広葉樹林だ。(ホントかな~?)
北は倒木で通行止めだし、ちょうどよかったぜ。(ホントかな~?)
ターゲットは大好きなヌメリスギタケモドキ。
そうそう今回、停車して突入場所を選んでたら須走ビギナー(全然ビギナーじゃないけど)のnaoさんに会っちゃった(^^)
「ビギナー」なんて名乗ってるからもっと若い方だと思ってたら、なんと私とタメでございましたww
一緒に写真撮りたかったけど、早く上に行きたくてそわそわしてる様子だったので遠慮しときました。今ちょっと悔やんでます(笑)

でもハッピーだったのはここまで。
もう結構歩いたのにターゲットが見当たらない。今日は鍋にしようと思ってたのに。

Pa060588
あった!い、一本だけ…

34

Pa060589

あぁあった!と遠目に見つけて近づいてみりゃスギタケモドキ。しかも腐りかけ。
ちなみにスギタケモドキは毒判定△だけど、時々負けキノコで食っちゃうんだよねwww

Pa060593Pa060594

今度こそあったぞ!と思ったら古い。
時期が早いんだか遅いんだか判断に苦しむ。
紅葉が始まったばかりなのでまだ早いのだと信じたい(-人-)

Pa060595

美味しそうな食べ頃を見つけるもまた単発…
このゼリー状の傘…うまそう…くやしい…うまそう…くやしい…
「やはり通行止めを越えて○km歩いてでも北へ行くべきだったか?」
「いやいややっぱりそれはキツイ。今日は選択肢のない日だったんだ」
そんな思いを交錯させながら尻尾を巻いて撤収。結構歩いたんですがね…
負けキノコにする予定のハナイグチさえもすべて老菌でとどめを刺される始末。あとはアカモミタケかな。だがそんなボソボソ天ぷら爆弾は採りません。

Pa060598
トリカブトがやたら咲いてたけど、これ夏の花じゃなかった?背が低いし別種かな?

まぁなんだかんだ言って結局は北に未練タラタラなわけです。
ぶっちゃけ通行止めさえなけりゃ、今日北明日ここのパターンで探索してたはず。三連休ですからね。
やはり松たけ子は王であり神。たとえドジョウがいなくても、柳の下を見たくなるのが人情ってもんです。

Dsc_2955
元京都府民のワイ、王将で豪遊。約8,000ペリカの散財。

Pa060599

Dsc_2957
悪あがきで寄った地元の公園でハタケシメジらしきキノコを見つけたが、どうも違うらしい。

Pa060600
そしてクロカワ?だよなコレ?(笑) 公園でクロカワ??スルーしたけど。

| | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

有終の美

また雨かwwww


三週連続で雨の松たけ子ハンティング。地味に辛い。
前日入山した仲間は老菌ばかりで、唯一のキープは人差し指サイズという末期状態(?)。そろそろ得意とする標高もおしまいか。
だが去年から交流のあるS走naoさんのブログを見ると、(おそらく)標高2,000m前後で見事なチン●Mを採取しているではないか。これが大きな励みとなった。
(チン●=開いてない状態の太い松たけ子を指す駄ブログの隠語)
まだ出会える可能性はある。もしボウズでもこの手できっちり幕引きして、広葉樹林へシフトする区切りをつけてやろう。いざ玉砕。

Ap9290583
美味しそうなカキシメジ祭り好評開催中(毒です)

雨のせいか同業者はたった一名しか出会わなかった。
しかも私のシロに辿り着いたまさにその時というタイミングの悪さ。
このおじさん、会ってすぐ自慢話マシンガンをフルオートで乱射してきた。
「シロを150以上知っている」とか「今年は○○本採った(ケタ違いの数)」とか「コーラ缶並みに太いヤツを採った」など話が止まらない。
定年して毎日来ている地元師の話など、週末ハンターの私にとっては土俵違いも甚だしいし、ハッキリ言ってどーでもいい。
それより早くこのシロをチェックしたいのだが、奴の弾倉は一向に尽きる気配がない。
「へー」「へー」連発しながら早く終わらないかな~と思ったその時

「~でね、そのシロが…あ、ちょっとまって!ごめん今見つけちゃったwww」

(え!?ちょっとやめてここオレのシロなのに!!うわマジか最悪や!!)

「なんだ葉っぱか」


ホント心臓に悪いからwww
まぁこのシロには生えてなかったけどね。
ものすごくヒマなのはわかる。話し相手がいないのもわかるし、自慢したい気持ちもわかる。そもそもこの駄ブログだって自慢ツールなんだし。
ただお願いだから長時間はやめてね(^^;)
このおじさん、話を切り上げて歩き出してもなお遠くから話しかけてくるしww
ただ、いつもGPS持たずにガラケーだけで行動しているなんてあんたスゲーよwww

まーいいや。とにかくおじさんと別れて標高を上げながら、かなり歩いたところでようやく見つけた。

Ap9290577
君に逢う日は不思議なくらい雨が多くて

Ap9290578
タマゴタケと競演中。手持ちカードのシロではなく、偶然の出会い。

Ap9290579
デカイ!!

これはチン●と言ってもいいでしょう!やっとこんなのが採れた。しかもデカイし。
まぁ言うなればカ●高●根だね!(いいかげん下ネタやめなさいっ)
雨も強くなり、結局はこの一本でおしまいだったわけだが、理想的な個体で有終の美を飾ったことに大きな意義があるのであるのであーる。
「一本」という数字にも大きな意味がある。だって複数採れてたら来週もズルズル来ちゃうでしょwww
「ダメよ!ダメだってば!もぅ~しょうがないわねこれが最後の一本よ!」的な採れ方のほうが、未練を断ち切って下のキノコに行けるというものだ。
まぁ自然相手に断言は出来ないけど、来週以降来ても可能性はあるが労力に見合わないと思いますね。ここらが引き時です。

幕引きに美しい記憶をありがとう浜村淳です。

Ap9290582
巨大な老菌。割いてみるとウソ!?虫食いなし!?
一瞬キープという魔が差したが、やっぱ香り落ちてます。さようなら。シロはマークさせてもらった。

| | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

出来心で裏丹沢探索

Adsc_2928

ウラベニホテイシメジを求めて、小回りの利くセロ子さんを動員して裏丹沢あたりを探索。
まぁ正直あまり期待はしてません。
丹沢周辺でウラベニホテイシメジなんて聞かないし、連休最終日に急に山へ入りたくなっただけです(笑)
完全に探検の装備ですが、道志みちでは当然ヤエー(※対向車線のライダーに手を振り振られる儀礼のネットスラング)されちゃいますので、それなりにヤエーを楽しみながらテキトーな斜面に取り付いてみます。

Adsc_2936

さすが丹沢山塊。わかっちゃいたけどどこへ行っても急峻な斜面ばかりで手強い!
杉林が多いので、当たってしまったらひたすらトラバースして次の広葉樹エリアを目指します。これがまたキツイwww
しかも斜面は先日の雨で柔らかい。そして今日に限ってトレッキングポールを忘れたwww
トラバース中は鹿道が一番の頼り。ポールがないからここ歩かないと滑落して、無事でも多分どろんこになっちゃうキツイ斜度。
まさか野生動物のお世話になるとは思ってもなかった。

Adsc_2937

辿り着いたのはミズナラ主体のいい感じの斜面ですが、キノコナイデーース
水分が保持されやすい場所よりも、適度に水はけの良い尾根のほうがいいみたい。
頑張って尾根まで登ると、ようやくキノコっ気が。

Adsc_2935
おそらくキホウキタケ

Adsc_2940
多分ハナホウキタケ

Adsc_2932
ナントカフウセンタケ(あまり深く追求しない)

Adsc_2939
またおまえか…のタマゴタケ

まぁ多少のキノコはありますが…ほぼ不毛ですな。ぼかぁ何しに来たのかな?
…と諦めて下山しかけたところで、やっと食指が動くキノコを発見。

Adsc_2943

Adsc_2947

Adsc_2949

おなじみノーマルナラタケでございますね。
神奈川県内のキノコはこれしかないと言っても過言でないほど定番で、しかし大人気のキノコ。
とりあえず炊き込み家族分はあったのでキープ。出来ればもうちょっとトピックになるキノコが欲しかったけど。

わかっちゃいるが、やはりウラベニホテイシメジが濃いのはもっと北のほうのエリアね。
まぁ夏からずっと富士タンばかりですから、初心に戻ってこういうのもたまにはいいのですよ。
あ~ヤマビルがいなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

満を持しての平日出撃

前回、松たけ子ご飯を作った時に帰宅した子供たちの反応

長男「あ、松茸のお吸い物の匂いだ」
次男「あ、松茸のお吸い物の匂いだ」


志村、逆逆!
すまんのう貧乏で…


俺氏有給休暇を取得し、平日出撃。


松たけ子さん狙いなら、このタイミングがベストであろう(と勝手に思う)。まさに虎視眈々と狙っていたタイミングである。

バ~ン!と上司に休暇届を出したのはよかったが、なんとキノコ仲間「あんず坊」さんが、同じく有給取って私の前日に出撃すると宣言(笑)
まったく同じポイントを攻めるので、後発の私はやや不利か。
なにしろこの人、有給出撃でコケたことがない。
ほとんど目論見通りの高打率を叩き出す男なのである。要するに、決して犬死にしない男。

「おいやめろwww」とは言えないし、そもそも無限とも思われるツガ林なので影響はないだろうと思い、まずは静観。むしろ斥候として利用させてもらいましょう。
だが私の明日を占うあんず坊さんのメールに愕然とする。

「ダメだ全然ねーわwwwもうここ終了かな」

えっ!?
まさかの松たけ子ボウズ?シーズン終了?明日行くオレはどうすりゃいいの?

だが私の困惑をよそに、この男はタダじゃ転ばなかった。

Img_7213

Img_7212

これ何だと思います?
たけ子さんじゃありません。
バカたけ子さんです。

富士たんに見切りつけて別の山で大漁…さすがです。
そう。この人はバカのシロを持っていて、毎年収穫しているバカ大将なのです。

Img_8627_2
2015年に目撃されたバカ大将のドヤ顔

侮辱的?とんでもない!
バカたけ子のシロを知る唯一のメンバーに贈る最高の称号なんです。いよっ!バカ大将!
しっかし本物でコケてもバカで敗者復活なんて最高に羨ましいじゃないか!
バカ大将が言うには、歯応えは柔らかいが味や香りは本物とまったく遜色なしだって!
いいな~いいな~(;´Д`)ハァハァ


んで本題の今日。
いつも通り前乗りしたはいいが、前日のボウズ情報でテンションダダ下がり。
あんず坊さんが通っている「別の山」に行けば、バカたけ子までは採れずともウラベニホテイシメジは確実という思いがよぎる。
んん~確かにウラベニホテイシメジは採ったことないから行ってみたい。
オレも『別の山』に行こうかな…なんて葛藤が始まり、仲間からもそれを勧めるメールが飛んでくる。
しかし結局はたけ子ロマンに賭けようと決意した。
ポイント終了なら終了でいいじゃないか。
いっそこの目で確かめて幕引きしてやるという自虐的な覚悟で突撃すると…

P9210559

P9210560
いやありますやん( ゚д゚)

P9210562

P9210563
ほれwww

P9210564
こんなのとかね

P9210566
おっとこいつは厄介だ

P9210570
根に複雑に入り組んで変形している

P9210573
こんなもん普通に掘れるかいっww
デカイだけに残念!

A20180921_1735_23339


P9210576

雨が強くなり13時上がり。結果6本の収穫。簡単にはいかなかったけど、まぁまぁありますやんww
「別の山」?何それおいしいの?
あんず坊さんに聞いたら昨日の出撃は4時半~8時ですって。見切り早すぎィwww
あんまりネチネチやらなかったようで、早々に「別の山」のバカたけ子が気になったのかしら?
まぁ確かにここで採れない魅力的なキノコありますからね。あっちには。私もそのうち行ってみたい。
とにかく無駄な休みにならなくてよかった。だが今回もチン●体には出会えず、また不満が募る。
「何故オレにはカッコイイ●ンコ体が回ってこないのだ!」
下品?いやいやこんなブログ女の人は読まないからOK。

| | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

松たけ子、ありのままの姿を見せる

過去「鉄腕DASH」で当駄ブログの写真が使われること2回。
その他一般企業からパンフレット向けに植物画像提供の依頼があったりと、ブログやってると予想外の話が舞い込んでくることがあります。
そして今回はメディアから取材依頼…OAは10月末ですが、詳細は言えません。なぜかというと口止めされてるから(笑)


さて今回は雨の中、ターゲットを松たけ子さんのみに絞って行ってきました。
さすがにレインウエア不可避な雨量。だが暑がりなので下は履かない(笑)
当然ズボンは濡れてしまうわけだが…どっこい登山用のズボンって高性能!
基本的に撥水加工だし、濡れても体温で自然に乾く。濡れるそばから乾いていく感じ。多少の雨ならこれでイケます。

Ap9150544

P9150545

一時間ほどで第一たけ子さん発見。開いてます。
かなり低い場所だけどこの様相…先発組だろうか?

P9150547
第二たけ子さん。また開いている。

途中、ある一定のエリアでコンパスが南北逆を指すというトワイライトゾーン突入ハプニング(!?)
これに気づくのが遅れてしばらく迷走してしまった。
最初はコンパスが壊れたのか思ったが、ありゃなんだったのか。
樹海でコンパスが狂うのは僅か数度らしいし、真逆ってなんやねん(笑)
腕時計のコンパス機能がなければさらに体力を無駄に消耗するところだった。あぶねー(笑)

P9150548
第三たけ子さん。良型。だがまたもや開いている。嬉しいやら残念やら。

しかし坊主頭のいわゆるたけ子然とした奴はどこへいった?
完全に単発なのか採取場所の周辺をチェックしてもこれ一本だけ。
だが序盤でこれだけ遭遇するとは…とりあえず今シーズンの景気動向はわかった(っぽい)。
やはり8月の台風連発と9月の秋雨前線によるアメノミクスが奏功してるのである。(今自分でも上手いこと言ったと思った)
この調子なら標高を上げるほどウハウハなのでは?
三年ぶりの好景気。このビッグウェーブに乗るっきゃない。だが!しかし!
これ以降ずーっと空白が続いたのであった……

P9150551
「でけぇクロハツだなー」とポールでつついたらクロカワだった。しまった!キープ!

P9150552

あまりに無いので足を棒にして元の標高に戻ってきた。
ここまでの3本を並べて撮ってみる。こうすると次が採れるという私のおまじない♥

20180915_1133_25461_2
ついでにちょっとクンカクンカしときますね

P9150554
おまじないの効力発動!はいいけどまた開きかい!

P9150557

まぁ結局すべて開きで4本。なんかシーズン末期のような面々に嬉しさも半減です。
しかし虫食い被害も最小で3年ぶりの松たけ子ご飯にありつけました。しかも「たけ子だく」で。

いやすんげー香りwww
3年前を思い出しますなぁー


クロカワも虫食いなしの嬉しい完全体。前回のは結局虫食いで全廃棄でしたからのう。
今はとにかくたけ子に出会えてホッとしております。
次回は例のチン●みたいなカッコイイ奴採らせておくれ~!(下ネタかい)

| | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

早く定年になりたい(?)

北へ行ってきました。今日の目標はクロカワ。
とは言っても出来れば松たけ子さんなんか見つけちゃって小躍りしてみたい。

Adsc_2893

起床時から麓は天気雨。
カメラを取り出したらSDカード挿さってないし(笑)
あ~またPCに挿したままのデジカメあるあるやってもーた。

Adsc_2894

上はまー大体雨。しかも風が強い。
クロカワ実績のある標高やや低めのポイントから突入し、松たけ子さんと両天秤で目を光らせながら歩くが見つからん。
一時間ほど経過した時点で標高を見誤ったと気付く(笑)

Adsc_2897
色が悪いけどツガタケ。やっぱ北のツガタケはダメだww

Adsc_2898
ホウキタケもあったが古い

Adsc_2895
なんでこんな時にコウタケ見つけるかなww 前回十分採ったしスルーで。

クロカワの出やすい条件も知ってる。そんな場所を重点的にチェックしながらここまで登って来たが気配なしか。
うむ。例の「一を聞いて十を知る戦法」に従って諦めよう。もう一どころか七ぐらいまで聞いてるけど。
下山下山さっさと下山!

Photo_2

この状況で仮に見つけたとしても、そりゃ「はぐれクロカワ」であり、その後も雨の中辛く厳しい探索を余儀なくされる。
クロカワごときに多大な労力を注ぐかと問われれば、答えは「NO」だ。車に戻って昼飯にしよう。
てなわけで直ちに折り返し、別コースから下り始めると…

Photo_4

Adsc_2899

Adsc_2902_2

あったwww
だがさすがクロカワ。虫食いヒドスギィwww

Adsc_2901

半分は捨てて残りのコレもどうかなぁ~
モノは新しいんだが辛うじて傘のほうが食える感じか。辛うじて。
結局後にも先にも見つけたのはこれだけ。
だがちょっと待て。今日の目標は達成したではないか!などと自分に言い聞かせながら負け犬ロードを下る。

Adsc_2904

肉焼いてマッタリしてると、地元のGGYが入れ替わりで状況を聞いてくる。
GGY1は小ぶりであるが自慢気に松たけ子を2本見せてきた。
GGY2は雑キノコを売りさばくセミプロで、これまた巨大なオオモミタケを見せつけてきた。しかもよく喋る。まぁそりゃどーでもいいか(笑)
松たけ子さんはやはり当たり年らしい。場所はもっと上。ええわかってますよ。ちなみに人いっぱいだって。
オオモミタケはカッコイイから採ってみたいが、いかんせん味がないのがジレンマ。
まぁ今日のポイントに出ないのは知ってるけど、狙うなら他のキノコを諦めてこれ一本に絞ってオオモミポイントに入るしかない。
そんな余裕が一介のサラリーマンにあるだろうか。

つまるところこの人たちの最強の武器は「ヒマ」なのだ。

聞けば毎日来てると言うし、そんなん勝てるかいっwww
こちとら上から下までまだまだ未知のポイントが残ってるし、探索や検証の課題も山積み。
くっそ~GGY共うらやまけしからん!俺も定年したら絶対何日も滞在して徹底調査してやる!絶対にな!
(…とこの人たちも現役の頃は思っていたに違いない)
まぁ最近シニア世代の方も駄ブログを読んでくれてるので、滅多なことは言えないんだけどね(笑)
今日はとにかく色々と力の差を見せつけられた一日でしたね。うん。
なんだかんだで情報も教えてくれたし。

Adsc_2906

帰りに寄った地元ポイントで、ヤマドリタケモドキとナラタケモドキの「秋のモドキ祭り」開催中でした。
同時上映のアカヤマドリも採取し、少しは溜飲が下がった思い。

P9080543

アカヤマドリと本日の「負けキノコ」ショウゲンジをバター醤油ソテーに。
コメ欄で好き嫌いしすぎや!と指摘を受けて両者とも久々に食ってみました。
アカヤマドリの傘は好き。軸はまぁ相変わらずのエンドウ豆やね。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧